さまざまな安心が得られる不動産買取

img_1904_01_01.jpg

マンションなどの不動産売却時には、いつ・いくらで売却できるのか・・・という点が気になるところです。ここではそのような不安が払拭できる「買取」という方法について解説していきます。

不動産売却を「仲介」で行う場合の概要

定年退職後の住み替え、転勤、違うエリアへの移住など、所有しているマンションを売却するきっかけは人それぞれです。

不動産の売却には「仲介」と「買取」という方法がありますが、まずは「仲介」について見ていきましょう。
“不動産を売却する”というと、まずは数社のウェブサイトで無料査定を依頼し、相場を確認するという方が多いようです。その後は、査定額やレスポンスの良さなどを加味するなどして不動産会社を選び、実際に店舗へ足を運んで相談するというのが一般的と言えます。ちなみに、ウェブサイトでの無料査定はあくまでも目安ということは覚えておきましょう。実際は、営業担当者がマンションまで行き、室内の状態をチェックして、販売価格をお客様へ提案します。

“この会社で売却をお願いしよう”と決めたら媒介契約を締結。そして、インターネットやチラシなどを使って販売活動を展開し、購入希望者を募っていきます。日程を決めてオープンハウスを開催し、多くの人にマンション内を見てもらう機会を設ける、というのもひとつの方法です。そして、購入希望者が見つかったら、売買契約を締結して引渡しとなります。

ここで注意したいのが、購入希望者が見つかるタイミングは物件特性や販売価格によって異なるという点です。購入希望者とのニーズが合致すればすぐに売却となりますが、そうでない場合は販売期間が長期にわたることもあります。販売期間が長引けば、販売価格を見直す必要も出てきます。このように「仲介」での売却では、高い価格で売却できる可能性もありますが、“売れるタイミングや価格は不確か”という特徴がある点は知っておきましょう。

「買取」はいつ・いくらで売却できるかが明確な売却方法

「仲介」は広告によって購入希望者を探す方法で、一般的には売りたいと考えてから引渡しまでは3~6カ月かかると言われています。

「買取」は、広告などの販売活動は一切せず、不動産会社が直接買い取る方法です。販売期間がないので、すぐに売却できるというのがポイント。最初に提示された買取価格を見直すということもないので、いつ・いくらで売却できるというのが明確というのが「仲介」との大きな違いです。スケジュールも立てやすいので、そういった面からも安心できる方法という見方ができます。ほかにも、購入希望者が内見にこない、売却のタイミングについて可能な限り希望に沿うように調整してもらえる、即現金化できるなどのメリットがあります。

スケジュールも立てやすいので安心

手間がかからず安心な「買取」

住み替えのタイミングは何かと忙しいもの。「仲介」に比べると価格が低いと言われている「買取」ですが、手間がかからずに売却ができるという点は大きな魅力でしょう。

買取り価格を知りたい買取り価格を知りたい
不動産買取コラム不動産買取コラム
売却をご検討の方はこちら売却をご検討の方はこちら
リナプスのリノベーションマンションリナプスのリノベーションマンション