相続した中古マンションを売却する方法

img-method-apartment-succeeded01.jpg

最終更新日

中古マンションを相続し、売却をすることになったら、さまざまな手続きをスピーディーに行わなくてはなりません。

ここでは手続きや注意点についてみていきましょう。

名義変更をしないと売却できない

まずは、相続人の確定をし、該当するマンションの不動産登記簿謄本や固定資産評価証明書などを取り寄せます。

亡くなった人の名義のままでは売却できないので、売却をするのであれば、名義変更は必須ということを覚えておきましょう。

相続税については、手続きだけでなく納税までを10ヶ月以内に行います。

2015年に基礎控除が引き下げられたので、特に都内のマンションの場合は相続税がかかってくる層が広がりました。

自分には関係ないと考えていた人も自己判断ではなく、税理士などの専門家に確認して段取りよく進めるようにしましょう。

また、さまざまな控除に適用する場合は相続税が軽減される場合があります。結果として相続税がかからない場合でも、申告は必要という点は覚えておきましょう。

相鉄リナプスではマンション売却とともに、税理士や司法書士などもご紹介できますので、お気軽にご相談ください。

名義変更をしないと売却できない

期日までに売却するなら、「買取」を選択するのがベスト

無事に名義変更を終えたら、マンション売却へ向けて動き出します。

もし、売却で得たお金を相続税の支払いに充てたいという場合は、不動産会社にその旨を伝えて期限を決めて進めていかなくてはなりませんので、早めに行動を起こすことが大切です。

期日を決めて売却する方法として安心なのは「買取」という方法です。

不動産仲介会社に依頼してチラシやインターネットで物件情報を公開して買主を探す「仲介」とは異なり、不動産買取会社が直接買い取ってくれる方法。

つまり、不動産会社が買主と決まっているため広告をする必要がなく、売却のタイミングもいつ売れるかわからない「仲介」と異なり、希望を伝えればそれに間に合うように不動産買取会社が動いてくれるというわけです。

ただし、いくら期日が指定できるとはいっても、そのマンションにローンが残っている場合などは、抵当権の抹消手続きなどで数週間を要します。

物件によって手続きが複雑な場合や時間を要する場合もあるので、ある程度余裕が持てるように、相続が発生したらすぐに動き出すようにしましょう。

早めに行動を起こし、段取りよく進める

複数の相続人がいない場合には、気分的に1周忌を終えてから売却を考える方も多いようですが、所有している間は誰も住んでいなくても管理費、修繕積立金、固定資産税・都市計画税などの支出だけが続きます。

また、売却価格も1年後は今と同じとは限りませんので、もし、名義変更直後の売却価格で納得がいくようなら早めに決断してもよいのではないでしょうか。

そのためにも、手続きだけでなく遺品整理も早めに行っておくと安心です。

相続をしたマンションを売却するには、早めに行動を起こすこと・専門家のアドバイスを受けながら段取りよく進めることが重要なポイントとなります。分からないことは相談し、無理や無駄のない売却へつなげてください。

不動産買取の専門会社である相鉄リナプスでは、営業担当者による1度の内見(30分程度)で遅くとも翌日までには正式な売買価格を提示いたします。

また、相鉄リナプスでは、相続したマンションを売りたいが遠隔地に住んでいるので立ち会えないという場合、鍵を送っていただければ内見をして売却価格を提示いたしますし、家具やゴミなどの残置物をそのままの状態で買い取る「そのまんま買取」サービスがあります。

相続マンションなどの売却に便利ですので、お気軽にご相談を!

早めに行動を起こし、段取りよく進める

※掲載の情報は2019年11月現在のものです

買取り価格を知りたい買取り価格を知りたい
不動産買取コラム不動産買取コラム
売却をご検討の方はこちら売却をご検討の方はこちら
リナプスのリノベーションマンションリナプスのリノベーションマンション