そのままになっている空き家のマンション。「買取」でスムーズに売却を!

img-smoothly-purchase-01.jpg

最終更新日

空き家というと一戸建てを想像しがちですが、マンションの空き家も年々増加しています。

ここでは、マンション空き家が抱える問題点を見ていきながら、売却する方法を探っていきましょう。

マンション空き家の現状

総務省統計局「平成25年住宅・土地統計調査」によると、全国の空き家戸数は約820万戸あり、そのうち約471万戸がマンションなどの共同住宅となっています。

共同住宅特有の近所付き合いの薄さも手伝って、マンションが空き家になっていることは周囲から分かりにくいのが特徴で、所有者も木造の戸建て住宅に比べると倒壊などの危険性を感じないことからか、放置したままでもあまり気にしていないケースが多いようです。

また、相続登記がされておらず、所有者が不明となっているマンションも散見されるようになっています。

そのままにしておいた場合のマイナス点とは

定期的にメンテナンスや清掃を行っていればいいのですが、未管理状態が続いている場合は老朽化が進み、不動産としての価値は下がる一方です。

そればかりでなく、所有している限りは管理費や修繕積立金、固定資産税などを支払わなくてはなりません。

無駄な出費を続けることにもなりますので、空き家のままで放置せず、賃貸に出すのか売却するのかなどを早急に検討することが賢明です。

不動産買取会社による「買取」を利用し、適切な対処を

自分自身、空き家になっているマンションにもう何年もいっていない、もはやどんな状態なのか分からないという場合は、売却するといってもなかなか気がすすまないのも理解できます。

誰も住んでおらず、メンテナンスもされてない状態では老朽化が進み、売却するといっても果たして買い手がつくのかと、途方に暮れている方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、そのままにしていた場合、ご自身だけでなく、近隣住民、子や孫などにも迷惑がかかってしまうこともある、という点は認識しておく必要があるでしょう。

マンションの売却には2つの方法があるというのはご存知でしょうか。

一般的な方法は「仲介」といって、不動産仲介会社に依頼して物件情報をチラシやインターネットで広く公開することで、購入希望者を募る方法です。

購入希望者は、実際に物件を見学しにきます。物件を気に入った人が購入の意志を示せば売買契約を結ぶことになりますが、それまでには不特定多数の人が内見にくるほか、なかなか決まらない場合は、販売活動が長期化することもあります。

また、長い間空き家になっていたマンションであれば、清掃だけでなく最低限のリフォームが必要な場合もあるということを考えておきましょう。

こういった点に煩わしさを感じて、売却に踏み切れない方も多いようですが、「仲介」ではなく、「買取」という方法もあります。

これは、不動産会社が買主となって直接買い取ってくれるという方法で、ハウスクリーングやリフォームをせずに売却できるという特徴があります。

買主が決まっているので、手続きさえ終われば引渡しとなり、スムーズに売却することができます。

不動産会社による「買取」を利用し、適切な対処を

困ったことがあれば不動産買取会社に相談を

古くても、立地のいいマンションであれば思っていた以上に高く売却できるケースもあります。

今回のケースのようなお悩みをお持ちの方は、せっかくの資産を生かすためにも、一度不動産買取会社へ相談に行ってみてはいかがでしょうか。

不動産買取の専門会社である相鉄リナプスでは、営業担当者による1度の内見(30分程度)で原則翌日(休業日は除く)には正式な売買価格を提示できます。

また、相鉄リナプスでは、相続したマンションを売りたいが遠隔地に住んでいるので立ち会えないという場合、鍵を送っていただければ内見をして売却価格を提示いたしますので、お気軽にご相談をください。

困ったことがあれば買取専門会社に相談

買取り価格を知りたい買取り価格を知りたい
不動産買取コラム不動産買取コラム
売却をご検討の方はこちら売却をご検討の方はこちら
リナプスのリノベーションマンションリナプスのリノベーションマンション