マンション売却に「買取」を選ぶ理由【手間をかけたくない編】

img_1906_03_01.jpg

最終更新日

マンション売却の「買取」を選択するといってもその理由はさまざま。

ここでは、手間をかけずに売却したい人が「買取」を選択することのメリットなどについて解説していきます。

一般的な売却にかかる期間はおおよそ1~3カ月

住み替えや転勤、相続した物件に住む人がいないなど不動産を売却する理由にはさまざまなものがあります。

売却時の最初のステップは、複数の不動産仲介会社に査定を依頼し、販売活動をしてもらう不動産仲介会社を決めていくことです。

不動産仲介会社と媒介契約を結んだら、販売価格を決めて販売活動をスタート。

インターネットや折り込みチラシなどで広く購入希望者を募り、内見対応ののち条件の合致した購入希望者と売買契約を締結し、はれて引渡しとなります。

ケースによっても異なりますが、引渡しまではおおよそ1~3カ月かかるのが一般的です。

ですが、これは購入希望者が見つかった場合のこと。

見つからない場合は、販売期間が長期化するだけでなく販売価格を見直す必要が出てきます。

場合によっては、リフォームを施すなどさまざまな面で検討しなくてはならないでしょう。

「仲介」での売却経験者。次は「買取」で・・・という人が多い理由

じつは「仲介」での売却を経験された方の中で、次の売却は「買取」でと考えている方が意外と多いようです。

これは、「仲介」での手間暇を負担と感じ、もうあんな思いはしたくないというのが理由となっています。

いつ・いくらで売却できるかはっきりしないというのは、気持ち的にもきついものです。

せっかく高い査定額の不動産会社にお願いしたのに、長い間売却できずに結果的には希望価格を大幅に下回ってしまったということも少なくはありません。

「買取」は「仲介」に比べて査定額が低い傾向にあるのがデメリットのひとつともいわれていますが、最初に取り決めた価格や期限に変更がないとうのは安心な点とも言えます。

そこにメリットを感じ、あえて買取を希望されるというのは納得がいきます。

これまで不動産仲介会社に「仲介」を依頼していたが、買主が長期間見つからないので、自社で「買取」させていただきますという提案を受ける場合があるかもしれません。

そこで注意することは、不動産会社にとって「仲介」の時は出来るだけ高く売って仲介手数料を多くしたいという目標があるわけですが、「買取」の場合は逆にできるだけ安く買いたいという目標に変わり、売主様の利益と相反する可能性も出てきます。

そのような際には、不動産買取の専門会社「相鉄リナプス」のセカンドオピニオンをご活用ください。

最初に取り決めた価格や期限に変更がないとうのは安心な点

ほかに「買取」には、価格や引渡し時期が明確ということ以外にも下記のようなメリットがあります。

●内見の立ち会いが不要

「買取」は、現地査定時に不動産買取会社の担当者が1回程度訪問するのに対応するだけです。
購入希望者の内見に立ち会う手間が省けます。

●室内の残置物を処分しなくていい

住み替えの際は、残置物の処理が面倒なもの。室内を何もない状態にしなくてもいい点も「買取」の特徴です。

●瑕疵担保責任が免責に

売却後、しばらくたってから物件に不備があったと連絡がきたら、気持ち的にも負担が出てしまいます。
売主様の瑕疵担保責任が免責になるということは大きなポイントです。

●仲介手数料がかからない

仲介手数料は売却時負担に感じる費用のひとつ。
「買取」では、不動産買取会社が直接買い取るので仲介手数料の支払いは必要ありません。

●室内の汚れ、設備の故障も問題ない

「買取」では全面リノベーションが前提なので、室内の汚れ、設備の故障などにより査定額は下がりません。

不動産買取の専門会社である相鉄リナプスでは、営業担当者による1度の内見(30分程度)で原則翌日(休業日は除く)には正式な売買価格を提示できます。

また、相鉄リナプスの「そのまんま買取」サービスでは、売却したいマンション内の家具や家財、ゴミ等の残置物はそのままにして売却できる「そのまんま買取」サービスがあり、相続したマンションを売る際の利用なども増えています。

売却時には、次の住まいを探したり引越しの手配をしたりと忙しいものです。スマートな売却を望む場合は「買取」という方法をぜひ検討してみてください。

買取り価格を知りたい買取り価格を知りたい
不動産買取コラム不動産買取コラム
売却をご検討の方はこちら売却をご検討の方はこちら
リナプスのリノベーションマンションリナプスのリノベーションマンション