近隣に知られずに売却するなら、マンションの「買取」を選択

img-choose-purchase01.jpg

最終更新日

所有しているマンション売却を「仲介」で進める場合、販売活動が行われます。

販売活動とは、売主様が依頼した不動産仲介会社が新聞の折込みチラシやインターネットなどで広告をして、可主を探す行為のこと。

近隣やマンション内で住み替えを考えている人も多いため、売却物件の周辺や売却物件があるマンション内にチラシが投函されることもあります。

でも、いくらマンションを売りたいと考えていても、近隣に知られずに売却をしたいという方も中にはいらっしゃるようです。

不動産買取会社の「買取」なら販売活動が不要

“子どもが小学校に入学するので、今よりも部屋数が多い家に引越したい” “転職して地方に永住することになった” “子どもが巣立ったので、コンパクトなマンションに住み替えて夫婦2人でのんびり暮らしたいと考えている” など、マンションを売却する理由は人それぞれです。

これらのような理由であれば、広く販売活動をすることはさほど負担にならないかもしれませんが、人に言いにくいような理由で売却をすることになったケースでは、近隣に知られずに売却するにはどうしたらいいかと悩んでいる方もいらっしゃるでしょう。

もし、広告をしないで売却するなんて無理なのでは...と、なかなか一歩を踏み出せないでいる場合は、不動産買取会社が買主になる「買取」という方法をおすすめします。

「買取」は販売活動をしないで売却することが可能。短期間に契約や引渡しまで進められるのも魅力です。

「買取」は情報が広がりにくいのも特徴

販売活動をしたことで、「◯◯さんのお宅、どうして売り出したのかしら?」「◯◯さんのお宅、この前まで普通に暮らしてたみたいだけど、何か周りに言えないようなことでもあるのかしら?」などマンション内で噂になることがあります。

また、なかなか売却できずに何度もチラシが入ったり、値下げを知らせる広告が入った場合は、同マンション内の住民の中には「売れないマンション=人気のないマンション」という印象から、資産価値が下がってしまうのでは? と嫌がる人が出てくることもあります。

販売活動を行った場合は、何組も購入希望者がお部屋を見にくることで、そこから情報やうわさが広がってしまうこともあります。

相鉄リナプスによる「買取」は営業担当者が1回(30分程度)の室内確認で終わりますので、こういった方法なら近隣に情報が広がりにくいでしょう。

「買取」は情報が広がりにくいのも特徴

売却方法は不動産会社に相談を

中古マンションを売却する方法は、「仲介」か「買取」を選択することができます。

近隣に知られずに売却したい場合は「買取」が向いているといえますが、求める条件は人それぞれなので、まずは不動産会社に相談してベストな方法で満足のいく売却につなげてください。

売却方法は不動産会社に相談を

※掲載の情報は2019年11月現在のものです

買取り価格を知りたい買取り価格を知りたい
不動産買取コラム不動産買取コラム
売却をご検討の方はこちら売却をご検討の方はこちら
リナプスのリノベーションマンションリナプスのリノベーションマンション