負担が少ない売却方法。「買取」について検証

img_1907_01_01.jpg

市況に左右される不動産売却。ベストなタイミングを逃すと、100万円単位で売却価格が変わってしまうこともあります。比較的安定した時期に確実に売却したいというのであれば「買取」という方法がおすすめです。また「買取」はさまざまな面で不安が軽減できる点など負担が少ない点も特徴。ここでは、「買取」について検証していきたいと思います。

「仲介」での売却。売却のタイミングを合わせるのは難しい?

一般的に不動産を売却する場合、まずは「仲介」で・・・と考えている人がほとんどのようです。「仲介」は、不動産会社と媒介契約を結んだあと、チラシやインターネットなどの広告媒体を使って物件を多くの人に見てもらいながら購入希望者を募っていく方法。購入希望者が現れたら内見に対応し、質問に答えたり周辺環境や住みごごちなどについて説明したりします。この内見は、多くは複数対応することになり、決まるまでの休日は内見対応で終わってしまうということも少なくありません。

マンションの売却を検討しているのであれば、なるべく高く売れるタイミングで売却するというのが理想だと思います。しかし、市況をみて“今が売り時”と考えていても、購入希望者と条件がマッチングしなければもちろん売却はできません。さらに、高く売れると考えているタイミングであれば販売価格は高めに設定していることでしょう。販売期間が長引けば、価格の見直しをする必要も出てきます。結果、高く売りたいという気持ちがかなわず、希望価格より大幅に値下げして売却することにもなってしまうかもしれません。実際、売却までに想定以上の時間がかかり数百万値下げすることになったという話もめずらしくありません。不動産はもともとの価格が高いので、取引時に数百万円と聞いてもあまりピンとこない方が実は多いのですが、冷静に考えると大きな金額です。それだけ変わってくると、住み替え先の計画がくるってしまう可能性もあるということは認識しておくようにしましょう。

いつ・いくらで売却できるかが明確。計画が立てやすい「買取」

そういったときに検討していただきたいのが「買取」です。これは、不動産会社が買主となって直接買い取ってくれる方法。すぐに現金化できる・不特定多数の人が内見しなくても売却できるといったメリットがありますが、引渡し時期について希望をきいてもらえるという点も特徴です。
引渡し時期が明確にできると計画通りに進められるため、仮住まいは不要。最初に取り決めた価格で買い取ってもらえるので、住み替え先への資金計画も立てやすいと言えるでしょう。買主が不動産会社なので仲介手数料がかからない点もポイント。瑕疵担保責任が免責になるほか、室内や残置物はそのままでいいなどさまざまな面で負担が軽減できるのも「買取」の特徴です。

引渡し時期が明確にできると計画通りに進められるため、仮住まいは不要

なかなか売却できないというのは、いつまでも落ち着かず精神的にも負担がかかるものです。手間がかからずスムーズな売却を希望する場合は「買取」を選択するといいかもしれません。

買取り価格を知りたい買取り価格を知りたい
不動産買取コラム不動産買取コラム
売却をご検討の方はこちら売却をご検討の方はこちら
リナプスのリノベーションマンションリナプスのリノベーションマンション