マンション売却に「買取」を選ぶ理由【周りに知られたくない編】

img_1907_03_01.jpg

最終更新日

マンション売却に「買取」を選択するといってもその理由はさまざま。

ここでは、周りに知られずに売却したい人が「買取」を選択することのメリットなどについて解説していきます。

マンション売却で一般的な方法と言われている「仲介」とは

“地方へ転勤になった” “子どもが生まれたので新居に引越すことになった” など売却の理由はいろいろです。

売却で一般的なのは、不動産仲介会社と媒介契約を締結後、チラシやインターネットへ物件情報を公開して広く買主を探す「仲介」という方法です。

購入希望者は、広告を見て “ここに住みたい” と思ったらそのまま申しみを済ませるわけではありません。

まずは内見といって、室内を見学します。売主様は、不動産会社から内見の連絡を受けたら、可能な限り対応することになります。

購入希望者を迎える前に、掃除や整理整頓をして少しでも印象をよくするように努めるほか、内見時には質問に答えたり、住み心地、周辺環境など物件についての説明対応は必須。

購入希望者は、“内見で気に入ったら購入したい” という人から “まだ購入する気はないが、とりあえず内見してみよう” など購入意欲の高さはさまざまで、真剣に購入を考えている人だけでなく、ちょっと見てみようという人のためにも自身の時間を割くことになります。

条件がなかなかマッチングしない場合は、販売期間も長期にわたります。希望のタイミングまでに売却できないこともあるので注意が必要です。

広告しないで売却するには「買取」という方法がある

売却の理由は周りに知られても問題ないというものばかりではありません。

“離婚して別々に住むことになった” “住宅ローンが支払えなくなった” などネガティブな理由で売却することになった場合、内見者を迎えるというのはできれば避けたいものです。

中には売却理由を尋ねられることがあるかもしれません。なるべく知られたくないのに、あれこれ質問される機会が増えては精神的にも参ってしまいます。

“これ以上内見に付き合ったり、売却の理由を近所の人に聞かれたりしたくない、早く売却を済ませたい”という思いから想定より大幅な値下げに応じてしまい納得のいかない売却になってしまうこともあります。

多くの方は“売るためにはこういった我慢は仕方がない”とお考えかもしれませんが、広告をせずに売却できる
方法があります。

これは「買取」といって、不動産会社が売却するマンションなどの不動産を直接買い取ってくれるという方法です。広告などで広く購入希望者を募ることがなく、不特定多数の人が内見にこないため、周りに知られずに売却することが可能。いつ・いくらで売却できるか分からない・・・ということがないので、その後の計画が立てやすいのも特徴です。

不動産会社が売却するマンションなどの不動産を直接買い取ってくれるという方法

引渡しのタイミングが相談できるのもうれしい点のひとつと言えます。

例えば離婚するので、できるだけ早く財産の分割をすませ新しい生活に充てたいという場合。

現金は早く欲しいけれど、住み替え先が決まっていないこともあると思います。

そんなときでも転居の予定が少し先になると伝えれば、相談にのってもらえます。慌てて住み替え先を探すことや仮住まいなどを用意する必要がないのも安心ポイントと言えるのではないでしょうか。

買取り価格を知りたい買取り価格を知りたい
不動産買取コラム不動産買取コラム
売却をご検討の方はこちら売却をご検討の方はこちら
リナプスのリノベーションマンションリナプスのリノベーションマンション