賃貸している分譲マンション。リスク回避のための買取という選択肢

img_1908_01_01.jpg

転勤がきっかけで、所有しているマンションを一時的に賃貸物件として貸し出すという選択をされた方もいらっしゃるでしょう。しかし、一時的な転勤のつもりが結局戻ることはなくなったというケースも少なくありません。そのような中、時間の経過とともに、賃料の見直しや古い設備の取り換えなどをしなくてはならず、所有していることが負担となって売却を検討しているという方もいるようです。

マンションを所有しているだけでかかる経費や費用

マンションは所有しているだけでさまざまな経費がかかってきます。毎月かかるのは、管理費のほか修繕積立金など。ローンが残っているのであればその支払いもあります。また、年1回になりますが固定資産税を納める必要もあります。賃貸住宅として貸し出すとなると、室内の修繕や設備の交換などにかかる費用も考えておかないといけません。
転勤の間貸し出すというケースでは“いつかは戻るから”という気持ちでその費用もあまり気にならないかもしれませんが、“もうそのマンションに住むことはない”となったらそのまま持ち続けることに負担を感じてしまうことも多いでしょう。
こういったときに多いのが、“入居者が退去するタイミングで売却することにした”というケースです。

売却で一般的な「仲介」という方法

売却で一般的なのは「仲介」という方法です。これは、不動産会社と媒介契約を結び販売活動をしながら購入希望者を探していくというものです。インターネットやチラシなどに売却物件の情報を掲載することで、多くの人に見てもらい売却につなげていきます。購入希望者があらわれたら、内見といって実際に物件を見学してもらうことになります。マンションの売却は第一印象も大切ですから、掃除や片付けはもちろんのこと、内装の状態によっては壁や床、水回りなどのリフォームが必要になる場合もあります。また、販売活動が長引けば販売価格の見直しを提案されることもあるでしょう。

販売価格の見直しは、後々負担になってしまうこともあります。もちろん売却が目的ですから、“売却するためには”と考えたときに、値引きはひとつの選択肢としては間違いではありません。しかし、古いマンションをリフォームして売却することにした場合は、できればリフォーム代もある程度回収したいもの。それを見越して設定した販売価格が見直しとなると、リフォームしなければよかったという可能性も出てきます。

手間いらずで進められる「買取」も視野に

手間いらずでマンションの売却を進めたいという方に向いているのが「買取」です。これは、不動産会社がマンションを直接買い取ってくれるという方法。「仲介」では販売活動で購入希望者を探す必要がありますが、「買取」では最初から“不動産会社が取り決めた価格で購入する”ということが決まっているので、いつ・いくらで売れるのかという不安を感じることはありません。リフォームやクリーニングをしなくていい、仲介手数料がかからないなどのメリットもあります。
価格の見直しがない点や売却までの手間暇がかからない点をメリットと感じて「買取」を選択したという方のお話もよく聞かれます。

リフォームやクリーニングをしなくていい、仲介手数料がかからないなどのメリットも

このように売却には、「仲介」と「買取」という方法があります。一般的なのは「仲介」ですが、それぞれの特徴を理解しベストな方法を選ぶようにしてください。

買取り価格を知りたい買取り価格を知りたい
不動産買取コラム不動産買取コラム
売却をご検討の方はこちら売却をご検討の方はこちら
リナプスのリノベーションマンションリナプスのリノベーションマンション