買取なら不要!中古マンションのリフォームにかかるコストと手間

img-remodeling-cost-01.jpg

長い間暮らしたマンションは、いくらキレイにしていても、だんだんと劣化や汚れが目立ってきてしまうもの。
このままでは売却できないのでは…という思いからリフォームを検討しているかたも多いようですが、「買取」という方法を選択すれば、リフォームの手間がなく、スピーディーに売却することが可能です。

「買取」は“不動産会社が買主”という理由で、リフォームの必要はなし

中古マンションなどの不動産を売却する際には、インターネットや新聞の折込みチラシで購入希望者を募る「仲介」という方法と、不動産会社が買主となって売主様の不動産を購入する「買取」という方法があります。
「仲介」では、物件広告を見た購入希望者が、売り出している物件を内見しにきます。つまり、売却前の物件を実際に見てから購入するかしないかを決めるということです。
そのため、物件をより良く見せるためにリフォームをすることは有効な手段と言えます。しかし、長年住んだ家は、見た目だけでなく水廻りや配線などにも不具合が生じている場合があります。リフォーム業者に出してもらった見積額が思いのほか高額で、想定以上の出費となってしまうケースもしばしばです。これで売却できたとしても、予定していた金額よりも手元にお金が残らなかったというような残念な結果にもなりかねません。

「買取」は不動産会社が購入してくれるため、インターネッやチラシで購入希望者を募る必要がありません。不動産会社はそのままの状態で買い取ってくれるので、物件を良く見せようとするリフォームにお金がかかるということもありません。また、リフォームをしない上に買主が決まっているので、すぐに売却できるというのも「買取」のポイント。いつ・いくらで売却できるのか…といった不安を抱えながら毎日を過ごさなくて済むので、余計なストレスを感じることもないでしょう。売却時期についてもできるだけ希望に沿うように調整してもらえるのも「買取」ならではのメリットと言えます。

買い取った不動産は、リフォームやリノベーションをして販売される

買取後は不動産会社がきれいにリフォームやリノベーションをして、販売します。売却をすることにはなったけれども、長い間住んでいた我が家がどんな風に姿を変えて次の所有者の手に渡るのかというのも気になるところ。売却後も、責任を持って次へつなげてくれるような不動産会社を選びたいものです。

買い取った不動産は、リフォームやリノベーションをして販売される

事前のリフォーム費用や手間暇がかからないのが「買取」という方法

不動産を売却する動機は人それぞれですが、“売却して手に入ったお金を買い替え先の頭金にしたい”“車の購入費用に充てたい”など、計画を立てている方も多いはず。そんな時、リフォームにかける手間暇や出費、不特定多数の買主様に室内を見せる必要のない、売却時期が明確な「買取」という方法は、ベストな選択と言えるのではないでしょうか。

事前のリフォーム費用や手間暇がかからないのが「買取」という方法

※掲載の情報は2018年8月現在のものです

買取り価格を知りたい買取り価格を知りたい
不動産買取コラム不動産買取コラム
売却をご検討の方はこちら売却をご検討の方はこちら
リナプスのリノベーションマンションリナプスのリノベーションマンション