中古マンション等の不動産買取における手付金の受取方法

img-receive-deposits-01.jpg

買取金額と買取条件が確定したら、売買契約締結となります。「買取」の場合は売買契約時に買主となる不動産会社から手付金を受け取りますが、不動産会社からの支払い方法は二種類あります。今回は、受取方法についてみていきましょう。

まずは、手付金の概要を知っておきましょう

手付金とは、買主が買う意思を示すために支払うお金のことです。一般的には買取金額の5~10%が支払われます。「引渡し前に引越を済ませたいので、その費用に充てたい」「早めにまとまった現金が欲しい」などの希望がある場合は、不動産会社の担当者に相談してみるといいでしょう。

どんな受取方法がある?

受取方法1:現金手渡し

その場で現金が手元に入るのが現金手渡しのメリットです。受け取ったらそのまま支払いを行ったり、必要なものを購入したりすることができます。不動産会社に事前に伝えて現金を準備しておいてもらえば、金融機関の休業日でも受け取れる点も現金手渡しのメリットです。ただし、不動産の買取金額の5~10%となると、かなりのまとまった金額。現金を持ち歩くリスクもあるのでその点は認識しておきましょう。

手付金受取方法1:現金手渡し

受取方法2:預金小切手

預金小切手とは、銀行振出の小切手です。受け取ったら、預金小切手を銀行に持参し、自分の口座へお金を入れてもらいます。現金化するのに数日かかりますが、預金小切手を銀行に持参する前に、万が一紛失してしまった場合でも凍結することができるので誰かに換金されてしまうという心配がありません。預金小切手を受け取った際には、書かれている金額に間違いがないか確認しましょう。金額が異なる場合は、必ず買主に確認するようにしましょう。

ご自身に適した方法を

手付金の受取方法は、それぞれメリット・デメリットがありますが、ご自身に適した方法をとることがスムーズな「買取」や住み替えにつながります。買主である不動産会社に「すぐに現金が必要」「現金はなるべく持ち歩きたくない」「リスクが少ない方法を取りたい」など希望を伝えて、提案してもらうといいでしょう。

ご自身に適した方法を

※掲載の情報は2017年6月現在のものです

買取り価格を知りたい買取り価格を知りたい
不動産買取コラム不動産買取コラム
売却をご検討の方はこちら売却をご検討の方はこちら
リナプスのリノベーションマンションリナプスのリノベーションマンション