買取価格が仲介よりも低い理由とは

img_1904_02_01.jpg

不動産を売却する場合は、できる限り高い金額で売却したいという方が多いのではないでしょうか。不動産の売却には「買取」と「仲介」という方法がありますが、一般的には「仲介」のほうが高い価格で売却できる可能性があると言われてます。ここでは、「仲介」と「買取」の価格の決め方の違いと、価格的には劣る「買取」を選択する人がいる理由について見て行こうと思います。

「仲介」と「買取」。価格の決め方の違い

「仲介」は、不動産会社がマンションを内見して算出した査定価格を参考にし、販売価格を決めるという流れになります。いくら高く売却したいと思っても、あまりにも相場と乖離していては、購入希望者は現れない可能性は高くなります。よって、査定価格を相場と捉えて価格設定をし、販売活動をスタートさせるというのがベストな方法です。ただ、初めはやや高く設定して様子を見るという方法がとれるのも「仲介」の特徴です。長い間売却できない可能性はありますが、“ここのマンションで売却物件が出るのを待っていた”という人がいれば、相場よりも高い値段で早めに売却できるかもしれません。ただし、長期にわたって売却できない場合は価格を見直すことになるため、希望していた価格や査定価格よりも下回ってしまうことがあります。また、売れない間は住宅ローンや管理費、修繕積立金などは発生し続けますので、住み替え先が決まっている場合は二重に経費がかかってしまうということも知っておく必要があります。

「買取」は、不動産会社が買主になって買い取ってくれる方法です。不動産会社がマンションの室内を内見して査定をし、買取価格を提示します。この買取価格は「仲介」よりも安くなるのが一般的です。
不動産会社はマンションを買い取ったらそのまま売却するのではなく、費用をかけてリフォームやリノベーションをして再販します。つまり、その費用や利益などを加味すると、どうしても価格設定が仲介よりも安くなってしまうということになります。

「買取」を選ぶのはどんな人?

“少しでも高く売却したいはず。買取を選ぶ人ってどんな人?”と疑問に思うかたもいるかもしれません。
確かに「買取」は価格面において仲介よりも劣っていますが、
・引渡しまでがスピーディーで売却できるタイミングが明確
・最初に取り決めた価格で買い取ってもらえる
・不動産会社が買い取るため、購入希望者による内見がない
・瑕疵担保責任がない
・広告を出さないので、周りに知られずに売却できる
・仲介手数料が不要
・室内の汚れ、設備の故障など現況のままでよい
などの特徴があります。
高く売却することが一番の目的ではなく、〇〇までに売却したい、早めに資金計画を立てたい、内見に対応するのが煩わしい、周囲に売却することを知られたくないというような方には向いている方法と言えます。

「買取」を選ぶのはどんな人?

自分にあった売却方法を

不動産の売却は、引き渡しまでが長引くとストレスになることもあります。“以前仲介で売却したけれど、時間がかかったし、結局大幅に価格を下げてやっと売却できた。いつ・いくらで売却できるのかずっと気になって落ち着かなかったので、次に売却するときは買取で進めたい”といったお話を聞くこともあります。売却に対する希望は人それぞれですが、値段だけではなくそれぞれの特徴をよく理解して、適した方法を選んでください。

買取り価格を知りたい買取り価格を知りたい
不動産買取コラム不動産買取コラム
売却をご検討の方はこちら売却をご検討の方はこちら
リナプスのリノベーションマンションリナプスのリノベーションマンション