マンションを売却。「買取」「仲介」徹底比較

img-purchasing-mediation-01.jpg

「親から相続したマンションを売却したい」「住み替えを考えているので今住んでいるマンションを売却して現金を手に入れたい」などさまざまな理由でマンションの売却を検討されている方もいらっしゃるでしょう。マンションの売却には不動産会社が直接買主になる「買取」という方法と、販売活動を通じて広く購入希望者を募る「仲介」という方法があります。ここでは比較表でそれぞれの違いを見ていきながら、特徴をお伝えしていきたいと思います。

買取と仲介の違い

買取(直接買取) 仲介
査定 不動産会社が内見を通して査定をし、買取金額を提示 不動産仲介業者が内見を通して売却予想額を提示
販売活動 ・不動産会社が室内の内見をする
・広告を出すなどの販売活動は行わない
(=購入希望者が室内を見にくることはない)
・チラシやインターネットなどを使って広く販売活動を行う
・購入希望者が内見にくる
売却金額 査定時の買取金額で売却 販売価格を決めて販売活動を進めるが、実際の売却金額は異なる場合がある
決済・引渡し ・買主は不動産会社なので、買主の都合で契約が白紙になるリスクは低い
・引渡し時期は売主様の都合に合わせることが可能。※諸条件がある場合もあり
・買主様が決まっても、ローンが組めなかった場合などは契約が白紙になることも
・引渡しは買主様との調整が必要で一般的には2~3ヶ月かかる
仲介手数料 不要 必要
瑕疵担保責任 瑕疵担保責任は免責となる 一般的には売主様に3ヶ月の瑕疵担保責任が発生。期間内に設備の修理などの費用負担が発生する場合がある
室内整理 不動産会社が残置処理を行ってくれるケースもある(有料) 原則、売主様が残置物を処分し、引き渡す必要がある

「買取」は買主が不動産会社という点が大きなポイントとなります。仲介手数料がかからないので経費を軽減できるほか、購入希望者の内見がない、早く売却・現金化したい方は引渡しの時期も調整してもらえる点などが「仲介」との大きな違いです。また、「仲介」だと、チラシやインターネットに広告を掲載して購入希望者を募るため、売却をすることが周りに知られてしまうことが気になる方もいらっしゃると思いますが、「買取」では内密に売却することも可能です。「仲介」よりも、売却金額が低い可能性はありますが販売活動で長期間を要したり、売れるか売れないかと気にしながら過ごすことはありません。

「仲介」は「買取」よりも高い売却金額で売却できる可能性がありますが、なかなか売却できないために販売金額を見直したりするなど、当初の予定と大幅な変更をしなくてはならないケースもあります。売却までじっくり時間をかけたいという方には向いていますが、早く現金化したい、内見が煩わしいという方などは「買取」が適しているといえます。

自分に合った方法でマンションの売却を

売却時の希望条件は人それぞれです。売却することを決めたら、まずはご自身の希望条件をリストアップし優先順位を付けること。そして、その条件に合った方法で納得できるマンション売却を実現してください。
自分に合った方法でマンションの売却を

※掲載の情報は2017年8月現在のものです

買取り価格を知りたい買取り価格を知りたい
不動産買取コラム不動産買取コラム
売却をご検討の方はこちら売却をご検討の方はこちら
リナプスのリノベーションマンションリナプスのリノベーションマンション