不動産売却。仲介から買取への切り替えタイミングが知りたい

img-purchase-brokerage-01.jpg

不動産の売却を考えた場合、まずは不動産ポータルサイトや不動産会社のホームページにある、無料査定機能を使って何社かで見積もりをとってみるというかたが多いようです。
その中から、“査定額が満足のいくものだった”“レスポンスが早く信頼できる会社だと感じた”などご自身が納得できる要素がある不動産会社を選び、売却に向けて動いていくことになります。その後は、販売活動を通して購入希望者を募っていく「仲介」という方法をとるのが一般的ですが、一方で、なかなか売却できなかったときのことも考えて、不動産会社が買主になる「買取」という方法も視野に入れておきたいものです。
ここでは、「仲介」から「買取」への切り替えタイミングについてお伝えします。

「仲介」の大まかな流れ

「仲介」で不動産売却をするときは、希望条件などを不動産会社に伝えた後、担当者が売却物件の調査・査定をします。そして、結果に基づき査定報告書を作成してもらい、媒介契約締結へと進みます。査定額や不動産会社のアドバイスを参考にしながら売主様が販売価格を決定したら、インターネットやチラシなどに広告を出すなどし、販売活動をスタート。広告を見た人や不動産会社に来店して物件を知った人から反響が入れば、次は内見です。内見では、不特定多数の購入者に室内をみてもらうことはもちろん、購入希望者の質問に答えたり、住み心地について説明したりします。
そして、物件を気に入った人が現れたら売買契約締結、引渡しと続きます。

媒介契約の期限が切り替えタイミングの目安

媒介契約には「専任媒介契約」「専属専任媒介契約」「一般媒介契約」という3つの種類があります。「専任媒介契約」と「専属専任媒介契約」の契約期間は宅地建物取引業法で3カ月以内と定められています。「一般媒介契約」は特に制限はありませんが、行政の指導や標準約款で推奨されているのは3カ月です。

専任媒介契約と専属専任媒介契約は契約期限を迎えたら、更新の意思があれば手続きをして、引き続き販売活動をお願いするというスタイルです。一般媒介契約は特に決まりはないので、特約として自動更新にしておくことも可能。解約したくなったら売主様から不動産会社に伝えるという流れになります。

契約期間を迎えても売却できない場合は、契約期間を延長して販売価格を見直すということを提案されることが多いですが、ここが「買取」にシフトするタイミングともいえます。

もちろん、そのまま「仲介」で販売活動を続けることは間違いではありませんが、販売活動が続いている間は、管理費や修繕積立金(マンションの場合)、住宅ローンの返済、固定資産税がかかります。一般的に「買取」より「仲介」のほうが高く売却できると言われていますが、その販売期間が長期化すればするほど毎月の諸経費を支払い続けることになるので、“思ったより手元に現金が残らなかった”という結果にもなりかねません。また、販売期間中、いつ・いくらで売れるのかということが常に気になってしまったり、不特定多数の内見者の対応にストレスを感じてしまったりすることもあるようです。

「仲介」の大まかな流れ

最初から「買取」という方法も

“よりスムーズに売却したい”“計画通り進めたい”“すぐに売却したい”という希望がある場合は、途中から切り替えるのではなく、最初から「買取」で売却するという選択もいいかもしれません。より詳しく知りたい場合は、買取専門の不動産会社もあるので、一度相談してみてはいかがでしょうか。

最初から「買取」という方法も

※掲載の情報は2018年9月現在のものです

買取り価格を知りたい買取り価格を知りたい
不動産買取コラム不動産買取コラム
売却をご検討の方はこちら売却をご検討の方はこちら
リナプスのリノベーションマンションリナプスのリノベーションマンション