「買取」から手続きまで。ワンストップの依頼は可能?

img-one-stop-request-01.jpg

ほとんどの人が初めてとなるマンション不動産売却。

スピーディーさが自分の条件に合っているというのが決め手で「買取」を選び、無事売却となったとしても、そのあとに続く手続きに不安がある人も多いはず。

ここではどんな不動産買取会社であれば、安心して一連の手続きが進められるのかという点をテーマに説明していきたいと思います。

まずは「買取」の流れを把握しましょう

「買取」では、一般的に机上の簡易査定でおおよその金額を把握したのち、不動産会社の担当者が内見をし、査定価格を算出します。

内見で心配に思うのは室内の状態かと思いますが、「買取」は買主が不動産買取会社なので慌てて掃除をしたり、ゴミを片付けたりする必要はありません。

より重要なのは、室内からの眺望や内見だけでは把握できない物件の情報を包み隠さず伝えるということ。例えば、近隣トラブルや今後の修繕計画、「平日の日中に工場の音が気になる」というような住んでみると分かることなどがそれにあたります。

抵当権等の登記設定がない場合であれば、相鉄リナプスでは売買契約から最速3日(金融機関定休日を除く)で代金が受領できます。

抵当権等の登記設定がある物件は、抵当権抹消の手続きを行ってからでないと売却できませんが、抹消手続きは2~3週間程度かかるという点は覚えておきましょう。

会社の規模だけではなく、どんなグループ会社に属しているかなども重要なポイント

不動産買取会社というと “全国展開している” “従業員数が多い” というのが安心できるかどうかを判断するひとつの基準になるかもしれません。

小規模であっても金融系や鉄道会社系のグループ会社であれば、バックがしっかりしているという点からその信頼度が計れます。

特に鉄道会社系は、沿線開発などに力を入れており、長期にわたって不動産業に関わってきた会社も多く、その分ノウハウも蓄積されているので、購入から売却、売買契約後の手続きなどもスムーズに進めてもらえると言えます。

また、各種専門家とも連携しているので、「司法書士」や「税理士」「弁護士」などとも連携しながらベストな方法で進めてくれるでしょう。

会社の規模だけではなく、どんなグループ会社に属しているかなども重要なポイント

仲介経験者など、経験豊富なスタッフがいると安心

相鉄リナプスのように不動産仲介経験者が在籍している不動産買取会社にも注目です。

こういった会社には、熟練した仲介経験者がスタッフとして常駐しているケースが多い傾向にあります。

さまざまなケースの売買契約を経験してきたからこそ、その積み重ねから的確な判断をしてもらえます。

「買取」は判断の正確さや早さも重要なポイント。

ワンストップでスムーズに進めてもらうためにも、すべての流れを把握しイレギュラー対応に慣れている経験豊富なスタッフがいるということは心強いと言えるでしょう。

仲介経験者など、経験豊富なスタッフがいると安心

買取り価格を知りたい買取り価格を知りたい
不動産買取コラム不動産買取コラム
売却をご検討の方はこちら売却をご検討の方はこちら
リナプスのリノベーションマンションリナプスのリノベーションマンション