ネガティブな理由で不動産を売却したい。近所に知られずに済ませる方法は?

img-not-know-neighborhood-01.jpg

不動産売却にはさまざまな理由があります。転勤や転職、住み替えなどの場合は広告をして幅広く購入希望者を募ることに抵抗はないかもしれませんが、離婚や会社の倒産などネガティブな理由で売却する場合、近所の人には知られたくないもの。今回は、そのようなケースでもストレスなく売却できる「買取」という方法について見ていきましょう。

広告しないと売却できない?

不動産売却というと、まずはインターネットなどで無料査定を行っておおよその相場を把握したら、不動産会社に相談するという方が多いと思います。売却では「仲介」といって、チラシやインターネットに物件情報を公開し、購入希望者を募るというのが一般的に知られている方法です。広告を見て物件に興味を持った人が、実際に物件を見にくるのも通常の流れ。買主が決まるまで、不特定多数の人が売却予定の物件を見にくるというわけです。
広告を通してなるべく多くの人に売却する物件について知ってもらうことで、早めに売却できる確率は高まるといえます。しかし、売却の理由がネガティブな場合は、周囲の人に知られずに売却から引っ越しまでを済ませたいという方がいらっしゃるのも事実です。

広告しないと売却できない?

「買取」の場合、周囲に知られないで売却することが可能

広告で購入希望者を募る「仲介」に対して、「買取」という方法があることはご存知でしょうか。「買取」とは、不動産会社が買主となって、不動産を買い取ってくれる方法です。最初から買主が決まっているので、インターネットやチラシなどの販売活動を通して購入希望者を募る必要はありません。査定のために不動産会社の担当者が訪れることが1回程度あっても、不特定多数の購入希望者が物件を見にくることはありませんので、近所の方々にも知られずに売却することが可能です。

「買取」の場合、周囲に知られないで売却することが可能

ほかにもある、「買取」の特徴

「買取」にはほかにもさまざまな特徴があります。不動産会社が買い取ってくれるため“〇〇までに売却したい”というような、売却時期の希望を調整してもらえるというのもそのひとつ。「仲介」のように“いつ売却できるのだろう・・・”という不安を抱えることなく進められ、売却後の計画が立てやすいというのもうれしいポイントです。
また、最初に取り決めた買取価格で買い取ってもらえるというのも「買取」の特徴です。「仲介」は販売活動が長期化すると、価格の見直しをすることもあります。販売活動中、マンションであれば管理費・修繕積立金・固定資産税などを払い続ける必要もあるため、思ったより現金が手元に残らないというケースも多いようです。
“古さや汚れなどが気になっていても、そのままの状態で売却できる”“瑕疵担保責任が免責になる”“仲介手数料が不要”など、「買取」には買主が不動産会社であるという点から得られるメリットが多数あります。

「買取」で売却のご検討を

ネガティブな売却理由の場合、“近所の人に知られたくない”という考えから、なかなか行動に移せない方も多いかもしれません。そんなときは「買取」という方法で売却を検討してみてはいかがでしょうか。

※掲載の情報は2018年10月現在のものです

買取り価格を知りたい買取り価格を知りたい
不動産買取コラム不動産買取コラム
売却をご検討の方はこちら売却をご検討の方はこちら
リナプスのリノベーションマンションリナプスのリノベーションマンション