即時買取。すぐに引越さないとダメ?

img-move-soon-01.jpg

「買取」はインターネットやチラシなどで買主を探すのではなく、買主が不動産会社となり直接買い取ってくれる売却方法です。引渡しまで数週間で完結するので「来月必要になる子供の入学資金に充てたい」「急な転勤が決定。転勤先でも不動産を購入したいので、1ヶ月以内に今のマンションを売却して購入資金に充てたい」など、すぐに現金が必要という方にはぴったりの方法です。また、時間のある方には売買契約後最大6ヶ月以内での引渡日設定も可能です。しかし、売ってしまったらその不動産は自分のものではなくなってしまいます。まだ次の移転先が決まっていなかったとしたら、しばらくは仮住まいで過ごさなくてはならないのでしょうか。

仮住まいに住む煩雑さとは

売却のタイミングと買い替えのタイミングがぴったりと合うことが理想ですが、スムーズにいくことばかりではありません。
売却が先行してしまった場合、基本的には次の住宅の引渡しまでの仮住まいを探し、しばらくはそこで過ごす必要があります。だたし、希望のエリア内で仮住まいが見つからないかもしれないという懸念点も。お子さんがいる場合は、やむを得ず学区を変更したり、一時期は電車やバスを使って通学しなくてはならないなどの不便さが生じる可能性もあります。また短期契約ができる賃貸物件がないケースも考えられるということも覚えておきましょう。

仮住まいに住む煩雑さとは

そのまま住み続けられるサービスがある会社も

引越しの回数が増えれば、その分の引越し費用、敷金、礼金、仲介手数料などの費用がかさんでしまうのも仮住まいで暮らす際には認識しておきたい点です。また、なるべく賃料を抑えたいと思うばかりに、今までよりも狭い部屋を選択した場合では、荷物が収納できなくなりトランクルームを借りることになったりなど、予想外の出費がかさんでしまうケースが多く見られます。
そのような状況から、新居への引渡し期限まで仮住まいに住むことなく、そのまま住み続けられるサービスを用意している会社もあります。定期賃貸借契約を結ぶなど諸条件はありますが、次の住まいへの引越しまで今まで通り過ごせる点や、費用をかけて何度も引越しをしなくて済むというのが安心ポイントと言えます。

さまざまなサービスとフォローが受けられる会社を選ぶ

手間なくスピーディーというのが「買取」のメリットですが、そこから生じる懸念点があることも事実です。今回は“すぐに引越さなければならないのか”というテーマでさまざまなことをお伝えしてきましたが、いずれにしても何かのときにその対応策をサービスとして備えている不動産会社であれば安心です。「買取」というと査定価格が高いかどうかという点に目がいってしまいがちですが、サービス内容なども確認し、しっかりフォローしてもらえるところを選ぶのが賢明ではないでしょうか。

さまざまなサービスとフォローが受けられる会社を選ぶ
※掲載の情報は2018年8月現在のものです

買取り価格を知りたい買取り価格を知りたい
不動産買取コラム不動産買取コラム
売却をご検討の方はこちら売却をご検討の方はこちら
リナプスのリノベーションマンションリナプスのリノベーションマンション