仮住まい不要の「買取」ってどういう仕組み?

img_1905_02_01.jpg

不動産売却時、売却のタイミングと住み替えのタイミングが合わない場合、仮住まいを検討しなくてはならないケースもあります。ここでは「買取」でかなう仮住まい不要の仕組みについて解説します。

不動産売却時、仮住まいを検討するケースとは

不動産売却時は、同時に住み替え先についても考える必要があります。
売却パターンとしては、
●売り先行型:売却してから新しい家を探す
●買い先行型:新しい家を買ってから売却する
という2つがあります。
売り先行型は、売却した資金が手元に残るので、住み替え先の資金繰りが明確になるという点がメリットと言えます。また、あせって売却する必要がないため、自分がベストと思えるタイミングや条件をじっくり検討できるというのも特徴です。一方、引渡しまでに住み替え先が見つからない場合は、仮住まいを用意する必要があります。仮住まいへの引越し、住み替え先への引越しと2回引越すことなるため、余計な経費や時間がかかってしまうことは否めません。
買い先行型は、住み替えまでのスケジュールが立てやすく、仮住まいを用意する必要がないというのが特徴です。しかし、購入の時点では売却価格や売却時期がはっきりせず、売却で得た資金をあてにできないため、購入資金を先に準備しなくてはならないという点は知っておきましょう。

上記のことから、売り先行型で売却する場合は、住み替え先だけでなく仮住まいについても考えておく必要があります。

不動産売却時、仮住まいを検討するケース

「買取」であれば仮住まいが不要?ほかにも得られるメリットとは

前項で説明した売却のパターンは、「仲介」といってインターネットやチラシを使って購入希望者を募る方法です。買い先行型の場合は住み替え先が決まっている上での売却となるため、仮住まいについての心配はありませんが、“売却価格や売却時期がはっきりしない“”という点が懸念点と言えます。
「買取」は、不動産会社が直接買い取ってくれる方法。予め不動産会社が提示した価格で買い取ってくれるほか、売却時期の希望を伝えて進めることができるため、計画通りに売却しやすいというのが特徴です。
ほかにも、「住んだまま買取」というサービスが利用できるというのも注目ポイント。これは売却のタイミングで住み替えるのではなく、現時点での売却価格を確定したうえで、賃貸として最長2年間住み続けられるというものです。“住み替え先は未定だけれども、仮住まいに住むことは回避したい”という理由以外でも“住み替えは2年先。でも売却価格が高いうちに売却したい”“売却の理由は急に現金が必要になったから。住み替え先はじっくり検討したい”というような方でもメリットを感じられるサービスです。

「買取」は、
●周りに知られずに売却できる
●不特定多数の人が内見にこない
●瑕疵担保責任が免責となる(設備の故障など現状のまま)
●仲介手数料がかからない
●リフォームなどは不要。残置物はそのままでも問題ない
といった特徴もあります。

不動産の売却は人生にそう何度も経験することではありません。余計な時間や経費をかけず、スムーズに進められるよう、経験や知識のある不動産会社に相談しながら進めるといいでしょう。

買取り価格を知りたい買取り価格を知りたい
不動産買取コラム不動産買取コラム
売却をご検討の方はこちら売却をご検討の方はこちら
リナプスのリノベーションマンションリナプスのリノベーションマンション