長期間、空き家になっているマンション。売却時に知っておきたいこと!

img_1910_02_01.jpg

最終更新日

長く人が住んでいない住宅は劣化が進みやすい条件がそろっています。

よって、いざ売却となった場合、「仲介」であればリフォームやクリーニングなどある程度費用をかけてきれいにしないと、なかなか決まらないことが多い、というのが実情です。

今回は、人が住まなくなった住宅がどうして劣化してしまうのかということや、汚れが目立つマンションに適した売却方法について見ていきたいと思います。

人が住まなくなった住宅。劣化が進む理由とは

“住宅は人が住まなくなると劣化が進む” と聞いたことがあるという方も多いと思います。

使っていないのになぜ? と感じるかもしれませんが、劣化が進む原因としては下記のようなものがあります。

●換気不足
人が住んでいれば、窓や扉を日々開閉することで自然と換気が行われているので問題ありませんが、誰も住んでいない場合はどうしても空気が停滞して湿気がこもってしまいます。

住んでいる状態でも押入れにカビが生えてしまったという経験がある方もいらしゃると思いますが、この原因は換気不足によるものです。

このような換気不足という状況からカビが発生してしまうわけですが、カビは見た目の汚さだけでなく、建物や建材の劣化にもつながってしまいます。

長期化すればあの嫌なにおいが染みつき、簡単に取り除けない状態になってしまうことがあるという点も覚えておきましょう。

●排水管内の乾燥
長期間使われていない水道管は管内の水分が蒸発し、カラカラの状態が続くことになります。

水分が蒸発するだけなら大きな問題はないかもしれませんが、それまで蓄積されたヘドロや異物も乾燥して硬化してしまうため、排水管に負担がかかり劣化してしまうというわけです。
水回りで使われているゴム栓の乾燥が進むと、ゴム部分が割れてしまうこともあります。

●手入れが不十分
長期間掃除をしないとほこりがたまります。

このほこりは、湿気と付着するとカビの発生につながってしまいます。

カビによる建物への影響は前述のとおりですが、たとえばこの状態の室内に入った場合、アレルギーを持っているかたであれば、カビを吸い込んだことで健康被害につながってしまうかもしれません。

カビや汚れが目立つ状態で売却は可能?

不動産の売却で一般的なのは「仲介」という方法です。

これは、不動産仲介会社と媒介契約を結び、販売活動を通して購入希望者を探すという流れになります。

販売活動では、インターネットやチラシなどの広告媒体を駆使し、多くの人に物件情報を目にしてもらうことで反響につながりやすいようにします。

広告をみて購入希望者が現れたら、次は実際にマンション内を見てもらうことになります。

カビや汚れが目立つ物件ではここがネックです。

いくら立地条件や広さ、間取りが理想通りだとしても室内が劣化した状況の場合は “ここに住みたい” と思うでしょうか。

そこで「仲介」で劣化したマンションを売却するためには、ハウスクリーニングやリフォームが必要になってきます。

印象をよくするために、残置物もある程度処理しておくことが理想と言えるでしょう。

ハウスクリーニングやリフォームをするには、それなりにまとまったお金が必要になります。それでも希望価格ですぐに売却できればいいですが、販売期間が長期化すると販売価格の見直しが入り、思ったほど手元にお金が残りません。

仲介手数料が発生するという点も覚えておきましょう。

このように “いつ・いくらで売却できるかはっきりしない”vというのと「古くて汚れが気になるマンションを売却するには印象をよくするためにある程度の出資が必要」というのが「仲介」の特徴です。

古くて汚れているから売却できないということはありませんが、プラスアルファでいろいろと考えたりやったりすることが発生する点は、認識しておいてください。

「買取」ならそのまま売却できる

やることが多く、販売期間が長期化するかもしれない「仲介」。

煩雑なうえに結果がはっきりしないことを考えて、空き家の状態が続いてしまっているという方も多いのではないでしょうか。とくに忙しい現代人であれば、マンションの売却に多くの時間を割くのが難しいというのが現実です。

そこで、知っておいていただきたいのが「買取」という方法です。

これは不動産会社が現状のまま買い取ってくれるという方法で、「仲介」のように “いつ・いくらで売却できるのか” といった心配をする必要がありません。

最近では一度「仲介」での売却を経験された方が「買取」を選ぶケースも多くなっています。その理由のほとんどが “手間暇がをかけず、確実に売却できるから” というものです。

もちろんクリーニングやリフォームも必要ありません。

不特定多数の内見に対応する必要もないので、売却するまで内見の多い土日になかなか予定を入れられない・・・ということを考えずに済みます。

買取の色々な特長

ほかにも、相鉄リナプスの「買取」には、
●訪問査定は1回(30分程度)
●周りに知られずに売却できる
●引渡し時期の相談ができる
●残置物を残したまま買い取ってもらえる
●瑕疵担保責任がない
●売却後もしばらく住み続けることができる(※定期借家契約の締結により最長2年間)
などの特徴があります。

今後、マンションの売却を考えている場合は「仲介」だけでなく、相鉄リナプスの「買取」という方法があることも覚えておくといいかもしれません。

買取り価格を知りたい買取り価格を知りたい
不動産買取コラム不動産買取コラム
売却をご検討の方はこちら売却をご検討の方はこちら
リナプスのリノベーションマンションリナプスのリノベーションマンション