仮住まいでかかる費用や手間暇は結構な負担に!?

img_1906_04_01.jpg

最終更新日

自宅マンションを売却して住み替え先が決まっていない場合、仮住まいに住むことになります。

仮住まいを探すだけなく、引越し費用を支払う・住み替え先が決まったら、また引越し費用がかかる・・・など費用や手間暇が余計にかかってしまいます。

ここでは仮住まいを回避する方法も含め見ていきましょう。

意外と難しい・・・売却と住み替えのタイミングを合わせるということ

住んでいるマンションを「仲介」で売却する場合は、引渡し日までに引越しを済ませておく必要があります。

その時点で住み替え先が決まっていれば問題ありませんが、まだ探している途中であれば一旦仮住まいを探してそこに住む必要があります。

仮住まいは賃貸住宅になるでしょうから、入居時に敷金・礼金・仲介手数料などが発生します。

売却したマンションから仮住まいまでの引越しもしなくてはなりませんので、その費用も考えておく必要があるでしょう。

そして、住み替え先が決まれば、また引越し費用がかかることになります。

こんなに手間や余計な費用がかかるのであれば、売却と住み替えのタイミングをうまく合わせればいいのでは? と疑問を感じるかたもいらっしゃるでしょう。

しかし、買主様のタイミングをコントロールすることはできないため、ご自身が希望するタイミングにすべてをぴったりと合わせるというのはなかなか難しいものです。

「買取」は仮住まいを考えなくていい?

売却には「仲介」だけでなく、「買取」という方法があります。

これは、不動産買取会社が売却したいマンションを直接買い取ってくれるという方法で、売主様の希望条件が比較的かなえやすい方法でもあります。

例えば「仲介」での場合、売却するタイミングは購入希望者の都合も考える必要がありますが、「買取」は不動産会社があわせてくれるというのが特徴のひとつにあります。

“住み替え先が〇月ごろになるので、そのタイミングで売却し引渡したい” という希望も聞いてもらえるので、自分のスケジュール通り進められるのが安心ポイントです。

仮住まいに住まなくていいのであれば、その分コストや手間が省けます。

新居は、今までと間取りや内装なども違ってくるでしょうから、仮住まいに資金を使うのではなく、その分新しい家に合う家具や家電、カーテンなどの購入費に充てたほうが有効と言えるでのはないでしょうか。

売却と住み替えのタイミングを合わせるのは難しい

「住んだまま買取」というサービスもおすすめ

相鉄リナプスでは、手付金をお支払いする売買契約日からマンションの引き渡し日まで最長6か月まで選択できます。

また、相鉄リナプスの「住んだまま買取」というサービスが利用できるというのも注目ポイント。

これは売却のタイミングで住み替えるのではなく、現時点での売却価格を基にマンションを売却してしまい、その後最長2年間は賃借で住み続けられるというものです。

なお、賃料設定についても営業担当にも一部裁量があるので、周辺相場よりお得になるかも。

このサービスを利用すれば、売却と住み替えのタイミングが合わないことに悩む必要はありませんし、先に住み替え先が決まって資金繰りに頭を抱えてしまうこともありません。

買取り価格が早期に決まるので、資金計画が立てやすいというのも特徴。仲介手数料がかからない点も「仲介」との大きな違いです。

マンションの売却や住み替えでかかる費用や手間は意外と負担になるものです。

少しでもスムーズに進めたいのであれば「買取」という方法を検討してみてはいかがでしょうか。

買取り価格を知りたい買取り価格を知りたい
不動産買取コラム不動産買取コラム
売却をご検討の方はこちら売却をご検討の方はこちら
リナプスのリノベーションマンションリナプスのリノベーションマンション