「即時買取」と「買取保証」の違い

img-immediate-and-guarantee-01.jpg

不動産売却には、販売活動を通して広く購入希望者を募る「仲介」と不動産会社が買主になる「買取」という方法があります。さらに掘り下げると、「買取」には「即時買取」と「買取保証」というものがあります。
ここでは、それぞれの特徴やどんな方に向いているのかを解説していきます。

「即時買取」はすぐに現金が必要な人や内見に抵抗がある人などに向いている方法

不動産売却時に、販売活動をすることなく、不動産会社が買主となって直接買い取ってくれるというのが「即時買取」です。購入希望者を募る期間が必要ないので、依頼してから引渡しまでスピーディーな点が特徴。「急に現金が必要になった」「売却で得たお金をすぐにでも住み替え先の購入費用に充てたい」という方などに向いている方法です。また、販売活動をしないということは、インターネットへ掲載したりチラシなどを配布したりしないことにもなるので「売却することを周りに知られたくない」という場合にも向いています。
「いろいろな人が内見に来るのは抵抗がある」「内見に立ち会う時間がなかなか取れない」というように、物件を見てもらうことが難しい場合でも、「即時買取」であれば不動産会社の担当営業マンが査定時に1回訪問するだけなので安心です。いつ・いくらで売却できるかという悩みもないので、売却後のスケジュールや資金計画が立てやすいのもメリットと言えるでしょう。また、引渡しの時期などさまざまな条件に合わせてくれるのが特徴です。

「仲介」で売れなかったことも考えて、買い取ってもらえる約束をしておくのが「買取保証」

「買取保証」とは、「仲介」で一定期間を過ぎても売却できなかった場合、あらかじめ取り決めていた金額で売却を依頼していた不動産会社に買い取ってもらえるというシステムです。
「買取」は確実に売却できる分、「仲介」に比べて査定価格がやや安くなる傾向にあります。「仲介」でできるだけ高く売れる可能性に掛けたいけれど、期限までには必ず売却したいという方であれば「買取保証付きの仲介」を選択するというのもいいでしょう。
「買取保証」は一定期間は販売活動を行うので、すぐに現金化したいという希望がある人には向いていない方法ということは覚えておきたいポイントです。「買取」を行う不動産会社でも「買取保証」を行っていない会社もあるので、注意してください。

「仲介」で売れなかったことも考えて、買い取ってもらえる約束をしておくのが「買取保証」

売却できない間の出費にも注意。不動産会社に相談して賢明な選択を

「仲介」の方が査定価格は比較的高くなっていますが、その販売活動が長期化することで販売価格の見直しをしなくてはならないケースも多くあります。売却時には仲介手数料がかかるほか、マンションの売却を検討している場合、売却できない間は管理費・修繕積立金、駐車場料金、固定資産税、住宅ローンの支払いなどが発生します。このように「仲介」では、売れない期間が長期化するほど出費がかさむとくことは認識しておきましょう。
例えば、“〇月までに必ず売却したい”という希望があれば、最初から「即時買取」を選択しておくほうが賢明かもしれません。初めての売却であれば不明点や不安も多いと思いますので、不動産会社に相談し、ベストな方法を選んでください。

売却できない間の出費にも注意。不動産会社に相談して賢明な選択を

※掲載の情報は2018年8月現在のものです

買取り価格を知りたい買取り価格を知りたい
不動産買取コラム不動産買取コラム
売却をご検討の方はこちら売却をご検討の方はこちら
リナプスのリノベーションマンションリナプスのリノベーションマンション