離婚がきっかけで、不動産を売却。適した売却方法を知りたい!

img-divorce-sale-01.jpg

不動産を売却する理由は人それぞれです。転勤や住替えなどのほか、離婚が原因でそれまで暮らしていたマンションや戸建てを売却するかたもいらっしゃると思います。
ここでは、離婚時に考えておきたい不動産のことや安心して売却できる「買取」について解説していきます。

そのまま住み続ける? 売却する?

仕事を頑張ったり日々節約したりとさまざまな努力を重ねて、やっと手にしたマイホーム。当然ではありますが、購入時に離婚のことを想定しているかたは皆無といっていいでしょう。
離婚の話し合いの中で、意外と後回しにされてしまいがちなのが、今まで暮らしてきた住宅をどうするのかということ。何の手続きもしないで、家族のだれかが住み続けるというケースも多いようですが、住宅ローンが残っている場合は、新しい生活に慣れてきたころに、残債のことでもめることになってはお互いあまりいい気持ちはしないもの。再出発をするという意味でも、売却を選択するほうが賢明と言えます。

そのまま住み続ける? 売却する?

離婚時の不動産売却で整理しておきたいこと

下記の項目を整理して不動産会社に伝えると、売却がスムーズに進みます。ぜひ参考にしてください。

● 名義はどうなっているか? できれば、法務局で登記簿謄本を取得しその内容をしっかりチェックすると安心

□夫婦共有名義(それぞれの持ち分も把握)
□名義は夫
□名義は妻

● 残債や連帯保証人について把握しておく

連帯保証人は住宅ローン契約時の書類に記載されているので、そこでチェックを。残債は、毎年銀行から届くハガキ(直近のもの)で確認してください。

● おおよその相場を確認しておく

インターネットなどにある無料査定サービスに指定項目を入力すると、ある程度の相場は把握できます。ただし、実際に確認してみないと分からないこともあるので、売却物件を実際に見てもらい、何社かに査定してもらうとより現実的な価格がわかるでしょう。

● 頭金や購入諸経費の額だけでなく、その内訳も

頭金があった場合はその金額だけでなく、だれが出費したのかなどの内訳も把握しておきましょう。

離婚時の不動産売却で「買取」を選択した際のメリット

離婚が売却理由の場合、インターネットやチラシに広告を出して購入希望者を探すというのはなかなか気が進まないもの。ここでは、「買取」を選択したメリットをその特徴と合わせてご紹介します。

● 「買取」なら周囲に知られずに売却できる

不動産売却は買主がいないと成り立ちません。そのために、一般的には「仲介」という方法で新聞の折り込みチラシやインターネット広告で購入希望者を募ります。さらに物件に興味を持った人が内見にくるので、近所の人たちに売りに出していることが知れ渡ってしまう可能性がどうしても高くなってしまいます。
一方「買取」は、不動産会社が買主となってくれるので、販売活動をする必要がありません。広告をしないので、近所に知られずに売却できるだけでなく、内見がないため対応に時間を取られることもありません。

● 売却までがスムーズに進む

販売活動をしないので、引渡しまで2~3週間ほどで進められます。また、いつまでに売却したいなどの相談にものってもらえるほか、買取価格が早い段階で確定するため、今後の計画が立てやすいのもポイントです。
「仲介」の場合、販売活動が長期化することで価格の見直しを検討しなくてはならないこともあります。売却できるまでは、マンションであれば管理費、修繕積立金などの費用を支払い続ける必要もあり、時間がかかった割には、手元に現金があまり残らなかったということにもなりかねません。

● 「買取」はそのままの状態で売却可能

「室内の汚れがひどい」「設備が故障している」「個性的な間取り」などの場合、「仲介」ではなかなか売りにくいもの。思った価格で売却できないなど残念な結果になってしまうケースもあります。一方「買取」では、買取会社が購入後にリノベーションをするので、そのままの状態で売却できるだけでなく、不備などがあっても買取価格に影響がない点も特徴です。

不動産会社で適切なアドバイスを

スムーズに再スタートを切るためにも、大きな資産である不動産については早めにすっきりさせておきたいものです。売却というと周りの目が気になって、なかなか行動に移せないというかたもいらっしゃると思いますが、ぜひ、今回ご紹介したような「買取」という方法も視野に入れて一歩を踏み出していただければと思います。ただし、人それぞれ希望や抱えている問題なども異なりますので、まずは不動産会社に相談し、適切なアドバイスを受けるといいでしょう。

不動産会社で適切なアドバイスを

※掲載の情報は2018年9月現在のものです

買取り価格を知りたい買取り価格を知りたい
不動産買取コラム不動産買取コラム
売却をご検討の方はこちら売却をご検討の方はこちら
リナプスのリノベーションマンションリナプスのリノベーションマンション