住み替える時の資金繰り ~中古マンションが売れないと資金が確保できない場合、どうしたらいい?~

img-cash-flow-01.jpg

最終更新日

自宅を売却したお金を住み替え先の資金に充てようとしても、なかなか売却できずに資金繰りに困ってしまうケースもあるようです。

住み替えには「売却先行型」と「購入先行型」という方法がありますが、今回はこれらの概要説明と、資金を確保したい場合はどうすればいいのかを見ていきましょう。

「売却先行型」と「購入先行型」の特徴

「売却先行型」は、先行して物件を売却することで売却金額が確定するため、住み替え先への資金計画が立てやすくなります。

住み替え先が決まっていないので、住み替え先への支払いを気にしなくてすむだけでなく、慌てて売却する必要がありません。

ただ、引渡しまでに購入する物件が決まっていない場合は、仮住まいを確保したり、2度の引越しでその分費用がかさんでしまうという点は認識しておきましょう。

また、仮住まいに住みたくないと考えた場合は慌てて探すことになり、住み替え先にある程度の妥協点が生じてしまう可能性があります。

「購入先行型」は、住み替え先をじっくり探せる点がメリットです。

住み替えのスケジュールが立てやすので、仮住まいを用意したり、2度の引越しで費用がかさむこともありません。

しかし、購入資金を先に準備する必要があったり、新居入居時に売却が済んでいない上にローンが残っている場合は、二重にローンを支払う必要がでてきてしまいます。

売却時期が未定なので、住み替え先に売却金額を充てようとした場合は予定通りいかなくなってしまうことも覚えておきましょう。

売却先行型と購入先行型の特徴

仮住まいには住みたくない。でも、売却しないと住み替え先の資金が調達できない場合は…

こんな時に安心なのが「買取」という方法です。

買取では不動産買取会社が希望の時期に買い取ってくれるので、いつ売却できるのかという点を気にすることなく進められます。住み替え先の支払いに間に合うタイミングに引き渡す、というもの可能です。

広く買主を探すことが前提の「売却先行型」や「購入先行型」に比べると買取金額が抑えめに感じるかもしれませんが、「売却先行型」「購入先行型」が持つデメリットを補完できる方法と言えます。

相鉄リナプスでは、手付金をお支払いする売買契約日からマンションの引き渡し日まで最長6か月まで選択できます。

また、相鉄リナプスの「住んだまま買取」というサービスが利用できるというのも注目ポイント。

これは売却のタイミングで住み替えるのではなく、現時点での売却価格を基にマンションを売却してしまい、その後最長2年間は賃借で住み続けられるというものです。

なお、賃料設定についても営業担当にも一部裁量があるので、周辺相場よりお得になるかも。
思い切って相談してみてくださいね。

ご自身の希望をしっかりと伝えること

希望はあるけれど、無理なのでは? と感じているようなことでも不動産会社に相談してみましょう。

きっと、さまざまな経験や知識を持った営業マンが、的確なアドバイスをして最適な方法を提案してくれるはずです。

ご自身の希望をしっかりと伝えること

買取り価格を知りたい買取り価格を知りたい
不動産買取コラム不動産買取コラム
売却をご検討の方はこちら売却をご検討の方はこちら
リナプスのリノベーションマンションリナプスのリノベーションマンション