知っておきたい! マンション売却時の残金決済の流れ

img-balance-settlement-01.jpg

最終更新日

マンション売却の流れは、不動産売買契約の締結、手付金の受領を経て、最後に残金を受け取る “残金決済” となります。

そもそも残金決済では何をするのでしょうか。

今回はその流れを一緒に見ていきましょう。

残金決済とは

残金決済とは

残金決済とは、買主(「買取」の場合は不動産買取会社)より買取金額から手付金を引いた残りの売却金額を受取るということ。

売主様はそのお金をローンの繰上返済に充てることもあるようです。

残金の受け渡し以外にも、売主様は買主に所有権移転に必要な権利証や印鑑証明書などを渡します。

残金決済と聞くとお金のやり取りだけと感じますが、必要書類の引渡しも同時に行う点を覚えておきましょう。
書類に不備があるとスムーズに進められないので、事前に不動産会社に必要な書類について確認しておくことが必要です。

また、一般的には残金決裁と物件の引渡しは同日になることが多いようです。

残金決済の流れ

手続きは1時間程度で完了しますが、繁忙期などは時間を取られることがありますので、半日は空けておくといいでしょう。

残金決済日に法務局に所有権移転登記等の申請を行うのが一般的です。残金決済後に抵当権の抹消書類を取りに行ったり、物件の引渡しを行なうケースもありますので、手続きは平日の午前中に行うことが多くなります。

残金決済の流れ

ステップ1
手続きは銀行で行うのが一般的ですが「買取」の場合は不動産買取会社の事務所で行うことも多いです。当日は買主のほか、司法書士などが同席します。忘れ物はないかを今一度確認し、時間にゆとりをもって向かいましょう。
ステップ2
持参した書類を司法書士に提出します。登記申請は司法書士に委任しますので、司法書士から登記の説明を受け、内容を把握した上で署名捺印をしましょう。
ステップ3
所有権移転登記に必要な書類が揃ったことを確認のうえ、買主が残金を支払います。支払い方法は金額が大きいため、振込で行なうのが一般的です。
ステップ4
固定資産税や管理費等を清算します。引渡し前日までは売主、引渡し日以降は買主の負担とするのが一般的です。
ステップ5
売却するマンションに付帯するあらゆる鍵を買主に渡します。引渡し完了後、「引渡確認書」を取り交わし、取引が完了したことを確認して終了です。不動産仲介会社の「仲介」を利用した場合には規定の仲介手数料を支払います(不動産買取会社が直接「買取」をする場合には手数料は不要)。
上記以外にも、マンションの管理規約、分譲時のパンフレット、設備の取扱説明書、修繕・リフォーム履歴などの関係書類を買主に渡すことや司法書士への支払いなどもこのタイミングで行います。

引渡し完了後、「引渡確認書」を取り交わし、取引が完了したことを確認して終了です。

流れを知って、心の準備とゆとりを

マンションの売却は、多くの方にとっては人生に何度もあることではありません。

大きなお金が動くのでいろいろと不安もあると思いますが、事前にある程度の流れを知っておくことで心の準備ができます。

分からないことがあれば不動産会社に遠慮なく質問し、疑問点は解消してゆとりをもって進めるようにしましょう。

流れを知って、心の準備を

買取り価格を知りたい買取り価格を知りたい
不動産買取コラム不動産買取コラム
売却をご検討の方はこちら売却をご検討の方はこちら
リナプスのリノベーションマンションリナプスのリノベーションマンション