買取を選んだ理由【内見を避けたい編】

img_1906_05_01.jpg

「買取」を選択するといってもその理由はさまざま。ここでは、内見をしないで売却したい人が「買取」を選択することのメリットなどについて解説していきます。

「仲介」では内見が発生

マンションなどの不動産を売却する場合、「仲介」という方法が一般的です。これは、売主様が不動産会社と媒介契約を結び、インターネットや折り込みチラシなどを利用して購入希望者を募る方法です。広告を見て売却物件に興味を持った不特定多数の人が、実際にどういう物件かを見に来るので、質問に答えたり対応をしたりする必要があります。居住中の場合は、生活を送っている状態で室内を見てもらいます。また、相続などで所有した遠方にある実家を売却する場合は、内見の予約が入るたびに足を運ぶなど、手間暇が面倒なケースもあります。すぐに購入希望者が見つかり成約に至った場合はそれほどストレスに感じないかもしれませんが、販売活動が長期にわたってしまうと、プライベートの時間が思うように使えないなど、売却までの過程を億劫に感じてしまうことがあるかもしれません。

売却したくても内見がネックで先に進めないケースも

中には“近所に知られずに売却したい”という希望をお持ちの方もいらっしゃいます。しかし、内見者が何人も来訪してくるとなると不動産売却を水面下で進めるというのは難しいというもの。こういった希望がある場合は“内見を避けて売却する方法はないのだろうか”と思っている方は多いのではないでしょうか。また、室内が汚れていて、内見をすることでマイナスの印象を与えてしまうのでは・・・と悩んでいるというのもよく聞くケースです。
このように、売却したくても内見がネックになって行動に移せない状況にある方が多くいらっしゃいます。

売却したくても内見がネック

「買取」なら不特定多数の内見がない

不特定多数の内見を避けたい場合、「仲介」ではなく「買取」という方法があります。「買取」は不動産会社が直接買い取る方法なので、内見は不動産会社が査定の際に訪れるときのみ。以降は、買取金額や条件の確定・不動産会社と売買契約を締結、手付金の支払いを経て、残金決済・引渡しとなります。
購入希望者を探すためにインターネットなどで販売活動をしたり内見に対応したりすることがなく、実にシンプルでスムーズ。「◯◯日までに売却したい」「急に現金が必要になった」という希望条件がある方にもおすすめです。抵当権などの登記設定がない物件なら、不動産会社にもよっても異なりますが、売買契約から最速3日で代金が受領できるケースがあるというのもうれしいポイントです。
また、「買取」は最初に提示された価格で買い取ってもらえるというのも特徴のひとつ。資金計画が立てやすく予定が狂わないというのも安心点と言えるでしょう。

買取り価格を知りたい買取り価格を知りたい
不動産買取コラム不動産買取コラム
売却をご検討の方はこちら売却をご検討の方はこちら
リナプスのリノベーションマンションリナプスのリノベーションマンション