こんな不動産会社を選べば、マンション売却も安心!

img-purchase-supplier01.jpg

最終更新日

不動産会社のホームページやチラシで見かける「不動産買取」の文字。

広告を見る限り、“どこも良い条件が書いてあるけれど、何を基準に選べば安心?” と迷ってしまう方もいらっしゃるでしょう。

安心という言葉から連想するのは、信頼できる企業・営業マン、対応が丁寧、納得するまで説明してくれる、ご自身の希望をよく聞いて相談に乗ってくれるというようなところでしょうか。

ここでは、売主様にとって安心が得られる不動産買取会社についてお伝えしてきたいと思います。

倒産リスクの低い会社

不動産業界では契約後に急に倒産してしまったり、支払いが滞ってしまうケースも無いとは言えません。

大手企業や、規模は小さくても財閥系や鉄道系のグループ企業である場合は、一般的に財務基盤がしっかりとしているのでリスクは相対的に少なくなります。

また、大きな看板を背負っているわけですから、適正でクリーンな取引きとなるようコンプライアンスにも留意をしていることでしょう。

ホームページなどで謳っている会社概要や経営理念などもチェックしておくと、企業の姿勢などが分かるので安心材料のひとつとなるかもしれません。

倒産リスクの低い会社

「買取」と「仲介」の両方の経験者がいる

不動産を売却する方法には「買取」以外にも「仲介」という方法があります。

「仲介」は、売却の時期にこだわるというよりも、可能な限り高い値段で売却したい方に向いている方法です。

また、築浅の物件であれば、不動産仲介会社が広く販売活動をすることで「仲介」でも買主が見つかりやすく、「買取」よりも良い条件で売却できる可能性も高くなります。

「仲介」の営業マンは売主様と買主との間に立って、売却までの手続きも全てこなしてくれます。

では、なぜ不動産買取業者に「仲介」の経験者がいるといいのでしょうか。

仲介経験者は買取だけでなく、仲介のメリットやデメリットも熟知しています。

また、「買取」というと不動産買取会社が買主になるため、「仲介」のように自分に代わって手続きをしてくれないのでは? と不安になる方もいらっしゃるかもしれませんが、仲介経験者がいれば段取りよく、フォローもしてもらえますし、何と言っても「買取」は「仲介」と違って仲介手数料の支払いはありません。

不動産仲介会社に「仲介」を依頼していたが、買主が長期間見つからないので、自社で「買取」させていただきますという提案を受ける場合があるかもしれません。

そこで注意することは、不動産会社にとって「仲介」の時は出来るだけ高く売って仲介手数料を多くしたいという目標があるわけですが、「買取」の場合は逆にできるだけ安く買いたいという目標に変わり、売主様の利益と相反する可能性も出てきます。

そのような際には、不動産買取の専門会社にも事前に相談し、セカンドオピニオンをもらっておくと安心です。

仲介経験者がいる

手付金をきちんと支払う会社

手付金とは、売買契約時に売主様へ支払うお金のことで、契約書には「手付金は、残代金支払いのときに売買代金の一部に充当する」と記載されています。

買主は手付金を支払うことで契約の意志を示すことになり、買主側が契約を解除した場合は、手付金は返還する必要はありません。

一般的に価格の5~10%とされている手付金ですが、高い割合できちんと支払ってくれる会社はその資金力にも信頼がおける可能性が高いといえます。なぜならば、現金が潤沢にあるので、手付金の支払いもある程度まとまったお金が用意できるという訳です。

会社の方針という考え方もありますが、手付金があまりにも低い会社は経営状態なども確認しておくと安心です。

相鉄リナプスでは柔軟にご対応いたしますので、ご相談してみてはいかがですか。

女性の担当者がいる

「女性の一人暮らし。査定に男性がやってくるのは抵抗があったので女性も一緒に来てくれる会社がいい」「相続した遠隔地のマンションなので、鍵を送るので内見を任せたい」など、売主様それぞれのニーズもあると思います。

今回ご紹介した安心ポイントも踏まえながら、安心して任せられる不動産買取会社を選んでください。

img-purchase-supplier04

※掲載の情報は2019年11月現在のものです

買取り価格を知りたい買取り価格を知りたい
不動産買取コラム不動産買取コラム
売却をご検討の方はこちら売却をご検討の方はこちら
リナプスのリノベーションマンションリナプスのリノベーションマンション