販売活動をしてはや3ヶ月。売れない中古マンションを売却するには?

img-cannot-sell-what-should-I-do01.jpg

最終更新日

中古マンションの売却をする場合、まずはインターネットで簡易査定をしたり近隣の相場を調べたりしたあとに、不動産仲介会社に行って相談するという方が多いようです。

何社かを比較して、この不動産仲介会社にお願いしよう!と決めたら、媒介契約を締結し、依頼した不動産仲介委会社がインターネットやチラシを通じて販売活動を行うことになります。

でも、いくら販売活動を行ってもなかなか売却につながらない時はどうしたらよいのでしょうか。

「仲介」で売却できない時は、条件の見直しが必要

不動産仲介会社に売却をお願いするときには媒介契約を結びます。

この契約には専任媒介契約・専属専任媒介契約・一般媒介契約と3種類あり、それぞれ条件が異なります。

専任媒介契約・専属専任媒介契約は、一社にしか依頼できませんが、契約を結んだ不動産会社には、販売活動をこまめに報告する義務が発生するので、積極的に販売活動を進めてもらうことが期待できます。

一般媒介契約は、複数社に依頼できますが、専任媒介契約や専属専任媒介契約に比べると積極的に販売活動を行ってもらえない可能性があります。

ご自身の進めやすさなどにもつながってきますので、どの契約形態にするかは、不動産会社に相談して決めていくといいでしょう。

媒介契約後、「仲介」では、販売活動を通じて買主を探しますが、いくら販売活動をしても、売主様と購入希望者との条件が一致しないと契約成立には至りません。

つまり、条件にあう購入希望者が現れない場合は、いつまでも売却できないことになります。

ここで、売却できるように行うのが条件の見直しです。最初に決めた売却価格を値下げしたり、引渡し時期を購入希望者にあわせたりなど、最初に提示した条件を少し妥協して売却につながるように努めなければなりません。

それでもいつ売却できるのか、いくらで売却できるのかははっきりしないので、ストレスを感じてしまう方もいらっしゃるようです。

「仲介」で売却できない時は「買取」を検討

値段や売却時期などのさまざまな条件を見直しても売却できない場合は、「買取」を検討してもよいかもしれません。

「買取」は不動産買取会社が買主となるため、最初に提示された買取価格で売却が可能。購入希望者を探す必要がないので、長期に渡って、いつ・いくらで売却できるのか?というストレスを感じずにすみます。

また、はじめから時期を決めて売却したいという条件をお持ちの場合は、「仲介」で販売活動をせずに、「買取」を選択してもいいでしょう。

「仲介」で売却できない時は「買取」を検討

契約期限を迎えるころ、売却方法についても再検討を

販売活動を始めて3ヶ月というと不動産仲介会社との媒介契約の期限を迎えたタイミング。

不動産仲介会社に「仲介」を依頼していたが、買主が長期間見つからないので、自社で「買取」させていただきますという提案を受ける場合があるかもしれません。

そこで注意することは、不動産会社にとって「仲介」の時は出来るだけ高く売って仲介手数料を多くしたいという目標があるわけですが、「買取」の場合は逆にできるだけ安く買いたいという目標に変わり、売主様の利益と相反する可能性も出てきます。

そのような際には、不動産買取の専門会社「相鉄リナプス」のセカンドオピニオンを活用してください。

契約期限を迎えるころ、売却方法についても再検討を

※掲載の情報は2016年9月現在のものです

買取り価格を知りたい買取り価格を知りたい
不動産買取コラム不動産買取コラム
売却をご検討の方はこちら売却をご検討の方はこちら
リナプスのリノベーションマンションリナプスのリノベーションマンション