買取に適したマンションとは

img-suitable-for-a-purchase01.jpg

マンションを売却する主な方法としては「買取」と「仲介」があります。買取は不動産会社が買主となる方法で、仲介は売主様が不動産会社と媒介契約を結んだ後、新聞の折り込みチラシやインターネットで売却物件を広告しながら購入希望者を探していく方法です。仲介のほうが高い価格で売却できる可能性があるので、まずは仲介を選択する売主様が多いですが、マンションによっては買取を選択した方がスムーズな売却につながる場合もあります。ここでは、買取に適したマンションについて見ていきましょう。

築年数が経過したマンション

築浅のマンションは、仲介でも比較的売却しやすいといえます。一方築年が経過したマンションはその古さがネックとなり、なかなか購入希望者が現れず、販売期間が長引いてしまうこともよくあります。売却するために販売期間中に販売価格を見直したり、事前にリフォームやハウスクリーニングをしたりと面倒に感じるようなこともしていかなくてはなりません。

こういった点から、古い中古マンションを売却したい場合は買取が向いているといえるでしょう。買取はマンションの築年に関係なく、不動産会社が買主となって取り決めた金額で買い取ってくれる方法です。マンションの古さが気になってなかなか売却に踏み切れないという方は、買取を選択してみるのもいいでしょう。

築年数が経過したマンション

室内の状態が悪いマンション

長い間空き家にしていて設備が老朽化していたり傷みが目立つなど、室内のメンテナンスが行き届いていないマンションは、残念ながらなかなか買主が見つかりません。中古と分かっていても、人間の心理としてはあまりきれいではない室内を見た時点で、購入意欲がなくなってしまうもの。せっかく内見まで進んでも断られてしまうケースが多いのが現実です。こういったマンションは、売却できるように販売活動を始める前にリフォームをしたり、リフォーム資金が不足している場合は初めから相場よりも大幅に販売価格を下げて売り出すなど、お金の面で持ち出しが増えたり妥協したりする必要が出てきます。さらに、条件があまりよくないために、販売期間の長期化も考えられます。長い間売れない物件を抱えていることに、ストレスを感じてしまうこともあるでしょう。

こういった場合も、買取はおすすめの方法です。買取は、不特定多数の内見が不要なだけでなく、不動産会社が買い取った後にリフォームをしてから販売するので、売却時の室内の状態はあまり買取金額に影響しません。余計な経費をかけずに室内の状態が悪いマンションを確実に売却したい場合は、買取を検討してみるといいでしょう。

―室内の状態が悪いマンションとはー

・空き家にしていて設備が老朽化したマンション
・普段の掃除では取り除けないくらい汚れがひどいマンション
・壁に穴があいているマンション
・カビや結露で汚れたマンション             など

特殊な間取りに変更しているマンション

やっと手に入れた分譲マンション。個性を出すために大胆に間取りを変更したり、壁をほとんど取り除いてしまったり、壁の色を派手な色に塗り変えたりしている方もいらっしゃるでしょう。ご自分が住んでいる間は問題ありませんが、いざ売却となるとこういったお部屋は売りにくい物件に分類されてしまいます。

売りやすい物件とは、万人受けするようなもの。ある程度の部屋数は必要ですし、壁などはなるべくシンプルなものが好ましくニーズが高いといえます。しかし、こういった特殊性が高いものこそ買取に向いているマンションですので、売れないのでは・・・と諦める前に買取業者に相談してみるといいでしょう。

これでは売れないと思うマンションは、買取を検討

こうやって見てみると、買取に適したマンションとは、売りにくいマンションや時期を決めて確実に売却したいマンションという見方ができます。マンションの売却を考え場合、多くの売主様が不安に感じるのが「本当に売却できるのだろうか」ということ。どうしても売却しなければならないシーンになったら、買取を検討してみるとストレスなく売却につなげられるのではないでしょうか。

これでは売れないと思うマンションは、買取を検討

※掲載の情報は2016年8月現在のものです

買取り価格を知りたい買取り価格を知りたい
不動産買取コラム不動産買取コラム
売却をご検討の方はこちら売却をご検討の方はこちら
リナプスのリノベーションマンションリナプスのリノベーションマンション