マンションの査定金額を提示されたらここを確認!

img-assessment-confirm01.jpg

「買取」では、物件査定した後に買取金額が提示されます。同時に買取条件も確認することになりますが、どんな条件を提示され、どんな点に注意していけばよいのでしょうか。

手付金はどのくらいなのか確認

買取金額の提示を受けたタイミングで、買取条件を確認します。条件の中には手付金について提示されていますが、手付金とは買主が物件を購入するという意思を示したもの。一般的には買取金額の5~10%といわれています。但し、「住み替える新居の資金のために◯円用意して欲しい」「可能な限り手付金を用意して欲しい」など要望を伝えれば、不動会社によっては配慮してくれることもあります。ここでポイントとなるのは、その不動産会社はどのくらいの資本金があって、どんなグループに属しているかということ。しっかりとした体制が整っている会社であれば、融通も利かせてもらいやすくなります。売却時には売主様それぞれに異なる事情がありますが、要望に添ってもらえる不動会社であるかどうかというのもチェックしておくといいでしょう。

残置物はどうしたらいい?

原則としては、付帯しているもの以外は売主様が処分することになります。しかし、遠方の実家を売却する場合などは、処分品を整理するためだけになかなか時間を取れないというのが実状でしょう。そんな時は、是非査定金額を提示された時に相談してみてください。「買取」では、残置物の処分を不動産会社にお願いできるケースも多く、その処分費は査定金額(=買取金額)で相殺してもらうことも可能です。スマートに進めるためにも早めに伝えておきましょう。

残置物はどうしたらいい?

抵当権を残したままの売却はできない。残債が残ってしまう場合は?

査定の段階でローン残高がある場合はその金額についても不動産会社から質問があります。買取金額がローン残高よりも高いのであれば問題ありませんが、低い場合は不足分を現金で用意する必要があります。現金が用意できない場合は金融機関から借りることもできますが、その審査は通常のローンより厳しく、車のローンを組んでいる人、固定資産を滞納している人などは審査に通りにくくなる傾向にあります。
不動産を売却するには抵当権を抹消する必要があり、抹消の条件としてローンの返済があります。ローン残高に買取金額が届かない場合は不動産会社に相談してアドバイスを受けるようにしましょう。

必ず書面にて確認

後から言った言わないとならないように、買取条件は書面に記載してもらい残してくと安心です。分からいことや疑問点は確認して納得した売却につなげてください。

必ず書面にて確認

※掲載の情報は2016年10月現在のものです

買取り価格を知りたい買取り価格を知りたい
不動産買取コラム不動産買取コラム
売却をご検討の方はこちら売却をご検討の方はこちら
リナプスのリノベーションマンションリナプスのリノベーションマンション