中古マンションの瑕疵担保責任って何?

img-warranty-liability01.jpg

瑕疵(かし)とは、本来あるべき品質や性能に不備があること。不動産では、住むことに支障をきたすような欠陥を瑕疵といっています。

事前に告知していなかった欠陥に対しては売主に責任が発生

引渡し後、物件状況報告書に記載のなかった欠陥が見つかった場合、「瑕疵担保責任」といって売主様はその欠陥を修復する義務があると定められています。これは故意・過失に問わず実行しなくてはならないものなので、無事売却できてほっと一息ついているところに瑕疵が見つかったと報告が入り、慌ててしまう方もいらっしゃるようです。瑕疵担保責任における欠陥にあたる部分とは、建物がきちんと生活できる状態になっていないという点。雨漏り、シロアリの害、給排水管の故障がこれにあたります。売主様が住んでいる時には欠陥はなくても、引渡し後3ヶ月以内にいずれかの瑕疵が見つかったときは対応しなくてはなりません。ただしこれらは専有部分に対してのみが対象で、共有部分で見つかった不具合については責任を負う必要はありません。

事前に告知していなかった欠陥に対しては売主に責任が発生

設備の不具合も忘れずにチェック

給湯器が壊れている、コンロが使えないなど引渡し後に設備の不具合がみつかることがあります。買主にとり、マンション購入は一生に一度になるかもしれない大きな買い物。事前に説明を受けていない不備やキズ・汚れが出てきたら、新生活のスタートが残念なものとなってしまいます。売却することを決めたら、各設備は使える状態になっているか、床や壁にキズはないかなどをチェックし、何かあった場合は契約前に買主に伝えるようにしましょう。契約後に見つかった不具合はクレームの対象となり、引渡し完了から7日以内に請求を受けたものに対しては売主様が責任を負わなくてはなりませんので注意しましょう。また、契約後であっても引越し時に誤って壁にキズをつけてしまったなどあれば、すぐに不動産会社に伝えて買主に伝言してもらうようにしましょう。

設備の不具合も忘れずにチェック

―「買取」では瑕疵担保責任は負わなくていい?―

不動産を売却する方法には「仲介」と「買取」があります。「買取」の場合は買主が不動産会社なので、売主様は瑕疵担保責任を負わなくていいことになります。リフォームや修繕をせずに現状のままで売却できるので、古いマンションを売却する方や、すぐにでも売却したいという方に向いています。

物件の状態を事前にしっかり伝えておく

不具合を伝えてしまうと、マンションの価値が落ちてしまうのでは…という気持ちもあるかもしれませんが、後々発覚した場合はトラブルに発展してしまうこともあります。長い間住んでいれば、設備の故障や、室内のキズ・汚れは避けて通れないもの。マンションの現状を正確に伝えることがスムーズな取引につながるという点を認識しておきましょう。

物件の状態を事前にしっかり伝えておく

※掲載の情報は2016年8月現在のものです

買取り価格を知りたい買取り価格を知りたい
不動産買取コラム不動産買取コラム
売却をご検討の方はこちら売却をご検討の方はこちら
リナプスのリノベーションマンションリナプスのリノベーションマンション