不動産売却。売却費用を少しでも節約するには?

img-save-sale-expense01.jpg

不動産を売却する場合、リフォームやクリーニング費用、印紙代、仲介手数料、抵当権の抹消費用、司法書士報酬、引越し費用、残置物の処分費用などがかかってくる場合があります。ケースによってかかるもの・かからないもの、かかる場合も額は異なってきますが、できればなるべく持ち出しは少なくしたいという方が多いのではないでしょうか。今回は、少しでも費用を抑えて売却できる方法について見ていきたいと思います。

大きな負担となる仲介手数料費用。「買取」なら0円に!?

仲介手数料とは、不動産会社に支払う報酬のこと。「仲介」で売却した場合は、不動産会社がチラシやインターネットで物件を公開したり、近隣にポスティングをしたりしながら購入希望者を探すことになりますが、売買契約が締結できた場合に、売主様が不動産会社に仲介手数料を支払うことになります。実際に計算してみると、4,000万円で売却した場合の仲介手数料は、126万円(消費税別)。せっかく4,000万円で売却できたとしても、仲介手数料でこれだけの金額がかかるということになります。

―仲介手数料の計算方法―

不動産を売却する方法には「仲介」と「買取」があります。「買取」の場合は買主が不動産会社なので、売主様は瑕疵担保責任を負わなくていいことになります。リフォームや修繕をせずに現状のままで売却できるので、古いマンションを売却する方や、すぐにでも売却したいという方に向いています。

※4,000万円で物件を売却した場合。宅地建物取引業法により定められている上限額で計算
4,000万円×3%+6万円=126万円+消費税

一方、買主が直接不動産会社となる「買取」の場合は、仲介手数料はかかりません。買主を探すという行為が不要なので、その分の手数料がかからないということになります。(仲介業者の媒介で買取りをした場合には仲介手数料が必要となります。)

一般的に「買取」は「仲介」に比べて売却価格が低めに設定される可能性が高いと言われていますが、仲介手数料が0円ということを考えるとさほど気にしなくてもいいかもしれません。また、「買取」は販売活動や買主との条件の調整が不要なため、早期売却も可能。シンプルに売却までつなげることができるのもメリットのひとつです。いつ・いくらで売れるのか・・・と考える必要がないので、ストレスも感じずに済むでしょう。

不動産の「買取」ではリフォームやクリーニングはしなくてもいい?

買主がこの家に住みたい!と感じるように、売却時にはクリーニングやリフォームを行いイメージを良くして、少しでも高く売りたいと考えている場合、頭が痛いのがかかってくる費用。かけた分だけ高く売れるとも限らないのは分かっていても、実際の売却価格が想定より下回ってしまっては、“こんなにお金をかけてきれいにしたのに”と、不満を感じることもあるでしょう。
「買取」では、不動産会社がそのままの状態で購入して、リフォームをして販売します。つまり、売主様はお金をかけて室内をきれいにする必要はありません。購入希望者の内見もないので、そのための部屋の片付けや掃除に時間をとられることもないのも嬉しいポイントと言えます。

「買取」ではリフォームやクリーニングはしなくてもいい?

経費の圧縮についても、プロのアドバイスを!

印紙代はどうしてもかかってしまう費用ですが、良心的な不動産会社であれば半額で済むところもあります。また、残置物の処理については、手に残るお金の希望金額を伝えておけば、買取金額で相殺する方法などを検討してくれる買取専門不動産会社も。不動産の売却では様々な経費がかかってきますが、“手元に◯◯円は残したいのだが”というような相談も、包み隠さず話してみるといいでしょう。きっと不動産のプロが適切なアドバイスをしてくれるはずです。

経費の圧縮についても、プロのアドバイスを!

※掲載の情報は2016年9月現在のものです

買取り価格を知りたい買取り価格を知りたい
不動産買取コラム不動産買取コラム
売却をご検討の方はこちら売却をご検討の方はこちら
リナプスのリノベーションマンションリナプスのリノベーションマンション