中古マンションの引き渡しまでにやっておくこと -抵当権の抹消について-

img-moving-deletion-mortgages-01.jpg

マンションなどの不動産を売却する場合は現物を渡して現金をもらうだけではなく、さまざまな手続きが必要です。今回は、引き渡し前にやっておくことのひとつ、抵当権の抹消について解説していきます。

そもそも抵当権とは?

住宅を購入する際、ほとんどの方が住宅ローンを組むことになります。銀行などの金融機関は、数千万円単位のまとまったお金を長期に渡って貸し出しますので、それが回収できないとなるとかなりの痛手になってしまうことが考えられます。
住宅ローンを組む際には審査をしていますが、万が一返済できなくなった時のために購入した住宅を住宅ローンの担保として、抵当権を設定しておきます。

抵当権の設定登記をする際の手続きとしては、法務局で「抵当権設定登記」の届け出をします。届出をスムーズに進めるために、銀行と提携している司法書士や、マンション購入の際に係わった不動産会社の提携司法書士に手続きをお願いするのが一般的です。

「もし住宅ローンの返済ができなくなくなったら」という事態に備えて抵当権の設定登記をするので、住宅ローン完済時には法務局で「抵当権抹消登記」をする必要があります。抵当権は自動的に抹消されるわけではなく、「抵当権抹消登記」の手続きをもって抹消されるということを覚えておきましょう。
完済時以外にも、不動産を売却時に売主は“買主の権利行使を阻害する一切の負担”をなくしてから権利移転をすることになっており、抵当権もこの負担にあたります。売却時、抵当権が設定されている場合は注意が必要だということを認識しておきましょう。

そもそも抵当権とは?

どのタイミングで抵当権を抹消するの?

抵当権が付いたままだと売却ができないので、残債(住宅ローンの残額)を返済した上で抵当権の抹消手続を行わなければなりません。タイミングとしては、買主が支払った売買代金で売主が借入金を一括で返済し、抵当権抹消登記と所有権移転登記を行います。抵当権抹消登記は、本来売買代金(手付金がある場合は残代金)の支払い前に済ませておくとされていますが、住宅ローンを事前に完済するのはなかなか難しいもの。引渡し日に所有権移転と同時に抵当権抹消の手続きができるように、不動産会社や銀行と協力して進めるとよいでしょう。

どのタイミングで抵当権を抹消するの?

スムーズな売却を

マンションを引き渡すまでには、さまざまな手続きが必要です。
特に「買取」を選択した場合、「仲介」に比べて引き渡しまでの期間が短いことが多いので、イレギュラーなケースにも臨機応変に対応してもらえる不動産会社と協力しながら、スムーズな売却につなげてください。
img-moving-deletion-mortgages-04

※掲載の情報は2017年5月現在のものです

買取り価格を知りたい買取り価格を知りたい
不動産買取コラム不動産買取コラム
売却をご検討の方はこちら売却をご検討の方はこちら
リナプスのリノベーションマンションリナプスのリノベーションマンション