中古マンション。どこまで直せる?

img_purchase10_01.jpg

フルリノベーションというと何でもできると考えている方もいるかもしれませんが、できることとできないことがあります。今回は、一般的にどのような認識でいればよいのかをお伝えしていきましょう。

マンションには専有部分と共用部分がある

リノベーションができるかできないかの判断ポイントのひとつとして、専有部分と共用部分の違いを知っておく必要があります。これらの見分け方は、簡単にいうと自己所有部分かそうでないかということです。
専有部分は、居住空間でもある室内で、玄関ドアや窓の内側部分になります。勘違いしやすいのは、ベランダや専用庭、住戸専用駐車場など。これらは専用使用権が認められた共用部分となるので注意しましょう。共用部分は、先にあげた専用使用権が認められた場所のほか、マンションのエントランス、エレベーター、廊下、駐車場など、いわゆるマンション住民がみんなで使用するところを指します。

専有部分と共用部分と考えた場合、基本的には専有部分は自分の思う通りに変更できますが、共用部分はリノベーション時に直すことはできません。

具体な事例で把握してみましょう

専有部分と共用部分という認識だけでなく、ほかにも注意すべきポイントがあります。ここでは、より深く理解していただくために、具体的な例をあげて説明していきたいと思います。

●間取り変更時には、構造壁か否かに注意

専有部分にある、居室を区切る役割の壁であれば撤去が可能なので、間取り変更はできます。しかし、建物自体を支えている構造壁は外せないということは覚えておきましょう。

●水回りの変更は制約内かどうかをチェック

配管スペースの工事などには制約があるのでその範囲内であれば変更可能です。

●床変更の際は、マンションの管理規約でチェック

物件ごとにできる範囲が異なります。マンションの管理規約を確認し、範囲を把握しましょう。

●設備を増やしたい場合は、構造や共用部分に影響がないように

手を入れられるのはあくまでも専有部分の範囲内です。管理規約に記載がなくても、構造や共用部分に影響がない範囲で行わなくてはなりません。

●天井や外壁に穴をあけるような工事は基本NG

構造に影響を及ぼすような工事は基本的にできません。

●窓・窓枠、玄関ドア、ベランダは独断で変更・改修できません

これらは共用部分にあたるので、新しくしたい場合はマンションの管理組合で検討しなくてはなりません。
専有部分か共有部分かがポイント

自分でリノベーションするのか、リノベーション済み物件に住むのか最適な選択を

ご自身が思っていた範囲と実際にできる範囲とではどのような差があったでしょうか。オーダーでリノベーションを行う場合は、どこまでできるかどうかというとことも、ある程度ご自身で判断して物件を決めていく必要があります。
リノベーションしたマンションへ住むには、中古マンションを購入して工務店などにオーダーする方法と、リノベーション済みの中古マンションを購入する方法があります。前者は、ご自身の想いを具現化できるという一方で、工期がかる、素人判断で思い通りのものができないことがある、というリスクもあります。後者は、すでに出来上がっているので、デザインや間取りが思い描いていたものと違う場合がありますが、専門の業者が手掛けているとあって、住んでから快適性や考えられた動線の良さが実感できることでしょう。また、できること・できないことのチェックをご自身で行う必要がないというのも手間が省けるという面ではメリットかもしれません。
一口にリノベーション物件と言ってもその種類はさまざまですので、家族と話し合ってご自身にとって最適な選択をなさってください。

買取り価格を知りたい買取り価格を知りたい
不動産買取コラム不動産買取コラム
売却をご検討の方はこちら売却をご検討の方はこちら
リナプスのリノベーションマンションリナプスのリノベーションマンション