中古マンションを購入。入居後も安心の住まいとは

img_purchase16_01.jpg

リノベーション済みの中古マンションを購入するまでは、希望条件の整理・不動産会社への訪問や物件の内見・選定、そして売買契約締結と多くのステップを踏まなくてはなりません。購入したらそれがゴールと安心してしまいがちですが、長く安心して暮らしていけるかどうかもチェックしておく必要があります。

重要事項説明では“もしものとき”も想定して説明を聞きましょう

さまざまな物件の中から“これだ!”と決めて購入したマイホーム。いざ住んでみると、どこかに欠陥があってトラブルになってしまうことがあります。中古マンションの入居後に見られるトラブルとしては、“排水管の腐食による水漏れ”“給湯器の故障でお湯が出ない”など経年劣化によるものが多くなっています。
売買契約時には、重要事項説明といって物件や条件に関する重要事項が宅地建物取引士から説明されます。まずは、その内容をしっかりと把握することが重要になるので、分からないことや疑問に思ったことが出てきた場合は、必ずその場で確認するようにしましょう。
しかし、中古マンションを購入することは人生に何度もあることではありません。入居後に初めて気付くことが出てくるかもしれませんので、もしものときに備えて、保険やアフターサービス、保証制度についても確認しておくようにしましょう。

瑕疵担保責任に関する法制度について

新築で売主が不動産会社の場合、

●「住宅の品質確保の促進等に関する法律」(品確法)

売主は、住宅の基礎、柱、外壁などについて、引き渡しから10年間瑕疵担保責任を負う義務があります。

●「特定住宅瑕疵担保責任の履行の確保等に関する法律」(住宅瑕疵担保履行法)

売主は、倒産などで瑕疵担保責任が負えなくなって買主に迷惑がかからないよう、債務超過住宅瑕疵担保履行法により、「保険への加入」もしくは「保証金の供託」が義務づけられています。
という法律によって、買主は保護されています。
中古のケースでは、不動産会社が売主の場合、宅地建物取引業法が適用され、最低2年間は瑕疵担保責任を負うことになっています。

安心できるサービスを用意している不動産会社を選ぶのがポイント

中古マンションの場合、新築に比べて古さによるトラブルが発生しがちですが、エリアや広さなどの条件が近い新築マンションに比べると安く手に入る、実際の部屋が確認できるので生活がイメージしやすいなどのメリットがあります。
ただし、中古マンションのメリットを最大限享受するためには、その特性や入居後の生活についてもしっかりと考えている不動産業者を選ぶことも重要なポイントとなります。

リノベーション済みといっても、不動産会社によってもその工事範囲はさまざまです。特に中古マンションの場合は、室内がきれいになっているだけでなく、配管や下地まで工事が入っているのかどうかも、安心な暮らしには欠かせないポイントとなります。内見時には、工事範囲もしっかりチェックすることを忘れないようにしてください。
安心できるサービスを用意している不動産会社を選ぶのがポイント

買取り価格を知りたい買取り価格を知りたい
不動産買取コラム不動産買取コラム
売却をご検討の方はこちら売却をご検討の方はこちら
リナプスのリノベーションマンションリナプスのリノベーションマンション