本当のフルリノベーションとは

img_purchase04_01.jpg

インターネット広告や折り込みチラシなどで見かける“フルリノベーション”という言葉。全て新しくしているというようなイメージを受けると思いますが、その範囲に明確な定義はなく、物件によって異なるというのが実情です。
ここでは、本当の意味でのフルリノベーションについてお伝えしてきます。

中古マンションで増えているフルリノベーション物件

最近では、中古マンションの一室をフルリノベーションして売り出しているケースが非常に多くなっています。間取りがガラリと変わっていたり、設備がすべて新しくなっていたりなど、以前の部屋とは全く印象が変わるリノベーション。開放的なキッチンや広々としたリビング、機能性の高い設備などに一目ぼれした、というお話しもよく聞くことがあります。
これだ!という物件に出会えるというのはなかなかありませんから、一目ぼれというのはある意味羨ましいことです。しかし、中古マンションをフルリノベーションした物件を購入する際にはいくつかの注意が必要です。

そのフルリノベーション物件は、配管を新設し下地を取り替えていますか?

フルリノベーションをした部屋は、設備が整っているだけでなく家事動線なども考えられているケースが多くなっています。なぜなら、傷や汚れを回復させるリフォームとは異なり、快適性の向上も加味されているのがリノベーションだからです。

そのような中、意外と盲点となっているのが、建物自体は築古の中古マンションであるということです。いくら室内がきれいで快適になっても、竣工時から使っている配管や下地はどうでしょうか。もし、リノベーション時に新しくなっていないとすれば、築年数にもよりますが入居後に不具合が出る可能性が高くなります。
購入後に後悔しないために大切なのは、フルリノベーションとうたっている物件を内見する際に、どこまで手を入れているかをしっかりと確認することです。室内を新しくしただけでは、残念ながらそれは本当のフルリノベーション物件とはいえません。

また、仲介会社が内見に同行した場合は、どこまでリノベーションしたかを把握していない場合があります。そのような時は、施工会社に連絡してもらうなどし、必ず確認するようにしましょう。

本当のフルリノベーション物件は、寿命の長さやその資産価値にも期待できる

フルリノベーション物件は、見えないところもきちんと整備されているという安心感が得られるだけでなく、物件の寿命が延びたり、その資産価値もアップしたりします。

フルリノベーションをするには手間暇がかかりますが、中途半端なリノベーションを施した物件を購入した人に比べ、フルリノベーション物件を手に入れた購入者は多くのメリットが得られます。その点を十分理解して対応してくれている不動産会社であれば、信頼できますし、相談にも乗ってもらいやすいといえるでしょう。
フルリノベーション物件

買取り価格を知りたい買取り価格を知りたい
不動産買取コラム不動産買取コラム
売却をご検討の方はこちら売却をご検討の方はこちら
リナプスのリノベーションマンションリナプスのリノベーションマンション