キッチンのレンジフード。その違いとは?

img_purchase13_01.jpg

キッチンコンロの上に付いているレンジフードには、設置方法や形にいくつかの種類があります。今回はレンジフードについてやそれぞれの特徴を紹介しますので、内見時や物件検討時などにお役立てください。

換気扇とフードからなる『レンジフード』

“レンジフード=換気扇”と認識されている方も多いと思いますが、レンジフードは、ファンシステムといわれている換気扇部分とそれを覆うフード部分から成り立っています。
換気扇が合っていないと、調理中のにおいや熱気が残ってしまうことにもなりかねません。最近はリビングとひと続きになったオープン型のキッチンが多くなっていることもあり、住まい探し時にはレンジフードのチェックもしておくと安心といえます。
換気扇部分の機能タイプとしては、直接換気するプロペラファンタイプ、壁などに設置されたダクトを介して煙などを排気口まで誘導するシロッコファンタイプがあります。プロペラファンタイプは比較的古い物件に見られるタイプで、壁に直接設置できることや安価な点が特徴です。
新しい物件は、シロッコファンタイプが主流となっています。キッチンが外壁に面していなくても設置可能なため、リビングの様子を見ながら調理ができるカウンターキッチンやアイランドキッチンなどに採用されています。

さまざまな設置方法

レンジフードはキッチンコンロの上に備わっていますが、設置にはいくつかの方法があります。
シロッコファンタイプの例になりますが、横壁付け(サイド)タイプは、フードの1側面が壁に付いているもので、リビングとの仕切りがないI型キッチンに向いています。また、壁付けタイプはレンジの側面と前面に壁があるI型キッチンに設置するといいでしょう。
アイランド型のキッチンであれば、天井に設置するセンタータイプがおすすめです。

ちなみに、I型キッチンはアイランド型キッチンやペニュンシュラ型キッチンよりも安価な商品となっています。
レンジフードでは、壁付けタイプ、横壁付け(サイド)タイプ、天井に設置するセンタータイプの順に価格が高くなります。また、横壁付け(サイド)タイプや天井に設置するセンタータイプは、開放的な空間が演出できるというのもポイント。そのデザイン性の高さにも注目しておくといいでしょう。
リノベーション済みの中古マンションを内見する場合は、どんなグレードのキッチンやレンジフードが採用されているのかというのもチェックしておきたいところです。物件価格が同等であれば、キッチンなどのグレードを比較してみるというのもひとつの選択方法といえるでしょう。

壁付けタイプのレンジフード壁付けタイプ例

フードの形も多種多様

ファンシステム部分を覆うフード部分にも種類があります。
●浅型
天井が低い住宅におすすめ。ファンとフードが一体化しているタイプです。
●ブーツ型
スタンダードな形状。ファンと分離しているタイプ、一体化しているタイプといずれのタイプでも選択できます。
●スリム型
ノンフィルタータイプが主流で、掃除のしやすさが特徴。室内のデザインを邪魔しないタイプでスタイリッシュな空間が演出できます。

スリム型レンジフードスリム型例

掃除やメンテナンスのしやすさにも工夫が

油がこびりついた換気扇。年末の大掃除で一気にきれいにする・・・という印象が強いですが、最近の商品はは、油汚れがつきにくく設計されているもの、あまり掃除をしなくていいもの、凹凸をなくしたものなど、お掃除の手間が省ける工夫がなされています。また、フィルターの取り換えが不要なフィルターレスタイプなどが発売されるなど、格段にメンテナンスがしやすくなった商品もあります。

さまざまな設置方法やグレード、種類があることはご理解いただけたと思いますが、居住空間の快適性と換気との関係は切っても切り離せないものです。内見時は、お部屋の広さや間取り、汚れなどがどうしても気になってしまいますが、どのようなレンジフードを採用しているのかなども聞いてみるといいかもしれません。

買取り価格を知りたい買取り価格を知りたい
不動産買取コラム不動産買取コラム
売却をご検討の方はこちら売却をご検討の方はこちら
リナプスのリノベーションマンションリナプスのリノベーションマンション