そのリノベーション物件。グレードの高い設備が整っていますか?

img_purchase08_01.jpg

憧れのマイホーム。“新築戸建てや新築マンションなどはきれいなのはもちろん、最新設備がそろっているのが魅力。でも予算的に厳しいし、欲しいエリアにはもう新しい建物は建たないみたい”というような声が多くあがっている中、注目されているのがリノベーション済みの中古マンションです。内見時は、広さやその室内の雰囲気などだけに目が行ってしまいますが、設備のグレードなどもチェックしてみるとよりよい物件を手に入れられることにつながります。

設備のグレード。その見分け方とは

リノベーション済みの中古マンションは、築年が経過しているにもかかわらず最新の設備や間取りが魅力といえるでしょう。近隣の新築マンションと比較してリーズナブルなので、比較的手に入れやすいという点からも人気があります。いろいろと内見して、どれも室内はきれいで選定に迷ってしまう方も多いようですが、物件の良し悪しを見分けるには、どんなグレードの設備が入っているかどうか?という点をチェックしておくといいかもしれません。

とはいっても、設備をみただけでグレードを判断するというのは簡単にできるものではありません。そこで正しい見分け方としてお伝えしたいのが、内見時、設備に書いてあるメーカー名・商品名・品番・サイズを控えておき、帰宅したらインターネットなどでチェックするという方法です。もし、これらがどこに書いてあるかわからない・・・という場合は、担当者に確認するようにしましょう。

エリアや広さ・間取りも同じ、販売価格にも差がない物件同士であっても、設備のグレードに違いがあればそれがポイントとなって選択がしやすくなります。また、グレードの高い設備を備えても販売価格を抑えられる会社という目線で見てみると、取扱件数の多さや設備メーカーとの信頼関係が成り立っているということがうかがい知れます。こういった会社が手掛けたリノベーション物件であれば、物件そのものの信頼性にもつながり、資産価値や物件の寿命の長さも期待できると言えるでしょう。

見た目だけでなく、総合的な判断を

不動産は見た目だけでは判断できないことがたくさんあります。今回ご紹介した設備のグレードもそうですが、特に中古の場合は、室内だけでなく配管や下地も新しいものに交換されているかという点もしっかり確認することで、長い目で見た満足度の高さにつながります。不動産は決して安い買い物ではありません。内見時には細部までチェックして、納得のいくベストな選択をするようにしてください。
納得のいくベストな選択を

買取り価格を知りたい買取り価格を知りたい
不動産買取コラム不動産買取コラム
売却をご検討の方はこちら売却をご検討の方はこちら
リナプスのリノベーションマンションリナプスのリノベーションマンション