家具・家電付きは本当におトク?

img_purchase07_01.jpg

“リノベーション済み中古マンション! 家具・家電付き”というキャッチコピーを見たことがあるという方も多いのではないでしょうか。全てを一新して新たな生活をスタートさせたいけれど、なるべく初期費用を抑えたい・・・という方にとっては魅力的なサービスかもしれませんが、本当に気にすべきは室内の設備やどれだけ細部までリノベーションされているかということです。ここでは、本当に買うべき物件とはどのようなものなのかをお伝えしていきたいと思います。

本当に見るべきことは、“どこまでリノベーションされているのか”ということ

入居後のイメージがわきやすいようにと、家具や家電が配置されている物件は多くあります。中には置いてあるだけでなく、購入価格に含まれるという点をウリにしている物件もあり、そこがポイントとなって購入しようか迷っているという方もいらっしゃるのではないでしょうか。
確かに、頭金や初期費用、引っ越し費用などの大きな出費に加え、家具や家電を新たにそろえるというのはなかなか大変なこと。実際に配置されている様子も見ているので安心でしょうし、それが付いてくるとなれば飛びつきたくなるもの理解できます。
しかし、ここで注意していただきたいのは、リノベーション物件で最もチェックしていただきたいのは、家具や家電が付いているということではなく、どこまでリノベーションされているのかということです。

室内はきれいでも、中古物件という認識は忘れないこと

不動産広告で、フルリノベーション済みという記載を見かけることがあると思いますが、実はフルリノベーションという言葉に一定の定義はありません。つまり、不動産会社によって解釈が異なるので、内見時にはどこまでをリノベーションしているのか?という点は必ず聞いておくべきポイントになります。
住まいというと表面的なことに目が行きがちで、古い物件なのに間取りが今風で床・壁・キッチン・お風呂などが新しくなっているというだけで、満足してしまう方がほとんだと思います。さらに、これをフルリノベーションとうたっている不動産会社がいることも事実です。しかし、フルリノベーション物件の多くは中古物件ということを忘れてはいけません。室内だけでなく、配管や下地なども経年劣化があるわけですから、そこまで手を入れているかどうかで、物件の寿命や資産価値も変わってきます。家具・家電付きが決して悪いわけではありませんが、内見用に設置した家具の中には、多くの内見者がくることを想定して、壊れたり汚れたりしても不動産会社のマイナスにならないよう、安価なものをそろえているケースも多いようです。プレゼントというと得をした気分になるかもしれませんが、金額に換算してみると大した額にならないこともあります。家具・家電付きでも、配管や下地が古いままの中古マンションを買ってしまっては、不具合が発生するのは時間の問題で、結局家具・家電のプレゼントがあまり意味のないものになってしまいます。
室内はきれいでも、中古物件

不動産は不具合がでたからといって、すぐに売却できるものではありません。中古のリノベーションマンションの購入を検討している場合は、目先のプレゼントに惑わされるのではなく、まずはリノベーションがどこまで行われているのかをしっかり確認し、長期的に考えてお得な物件かどうかを見極めるようにしましょう。

買取り価格を知りたい買取り価格を知りたい
不動産買取コラム不動産買取コラム
売却をご検討の方はこちら売却をご検討の方はこちら
リナプスのリノベーションマンションリナプスのリノベーションマンション