室内設備大解剖!〜その機能を知る〜

img_purchase18_01.jpg

リノベーション済みのマンション購入を検討したときは、部屋の広さや間取りなどに目がいってしまいがちですが、キッチンやその収納・壁紙などの特徴や細かな機能を知っていると、より物件の価値が見えてきます。

キッチン:調理のしやすさ以外の機能もチェック

キッチンといっても主に下記のような種類があります。
●ペニュンシュラキッチン:本体の左右いずれかが壁に接しているタイプ。リビングの様子を見ながら調理や片付けができるので、小さな子どもがいる家庭には人気がある。商品金額が高いため、リノベーション済みマンションで採用されていないケースが多い。
●アイランドキッチン:壁に接することなく、独立して配置されているタイプ。周りを囲めるので、子どもと一緒に調理や片付けがしやすい。商品金額が高いため、リノベーション済みマンションで採用されていないケースが多い。
●I型キッチン:コンロ・調理台・シンクが一直線に並んでおり、壁付けタイプやカウンタータイプがある。ほかの2つに比べると価格は抑え目。安価なため、ほとんどのリノベーション済みマンションで採用されている。

それぞれ特徴や価格は異なりますが、メーカーや品番を控えてそのグレードをチェックしておくというのはおすすめです。

最近はやりの設備や機能としては、以下のようなものがあります。
●シンクシ下の引き出しタイプ収納:開き戸に比べると奥のものが取り出しやすく、デッドスペースもできにくい。
●人工大理石を使ったシンク天板:高級感があるだけでなく、傷つきにくい。
●引き出式シャワーヘッド水栓:シャワーヘッドがのびるので、シンクの掃除がしやすいのがポイント。浄水器付のタイプもあり。
●食器洗い乾燥機:実は手洗いよりも節水効果の高い食器洗い乾燥機。洗剤による手荒れに悩んでいる方にもおすすめ。

壁紙:デザインや色調だけでない+αの機能とは

最近は、お部屋の湿度を調整し、空気をクリーンにキープしてくれる壁紙が登場しています。加湿も除湿もしてくれる壁紙であれば、マンションで発生しがちな結露を抑え、快適な住空間を提供してくれます。カビやダニの発生も軽減するので、小さな子どもがいる家庭でも安心。洗濯物を部屋干ししても湿気に悩まされるということはありません。
また、さまざまな生活臭の原因となる成分を吸着してくれるという機能もあります。ペットや生ゴミなどの気になる臭いを脱臭してくれるので、いつもクリーンな室内で快適に過ごすことが可能です。
近年問題となっている“シックハウス症候群”に対応しているのも特徴のひとつ。原因物質であるホルムアルデヒトやトルエンなどを吸着・低減するので、有害物質による健康被害を回避できます。

ほかにも、洗濯物が乾かせたりヒートショック防止になったりする浴室暖房乾燥機、下枠がないためすっきりとした印象につながる、三方枠ドア・フラット丁番などさまざまな機能や特徴がある商品があります。

浴室暖房乾燥機浴室暖房乾燥機
三方枠ドア三方枠ドア

現状、さまざまなリノベーション物件が流通していますが、内見時には、今回ご紹介したような設備があるかどうかというのもチェックしてみましょう。そうすることで、快適な住まいを手に入れられるだけでなく、消費者目線で信頼のおける不動産会社が手掛けた物件に巡り合える可能性も高くなります。

買取り価格を知りたい買取り価格を知りたい
不動産買取コラム不動産買取コラム
売却をご検討の方はこちら売却をご検討の方はこちら
リナプスのリノベーションマンションリナプスのリノベーションマンション