手間や時間のかからない買取を選択。売主の心をくすぐる“DMに記載された条件”がここに決めたポイントです

INTERVIEW001|K様

墨田区にある自宅マンションを売却されたK様。売却のきっかけや経緯、買取業者選定の際にポイントとなった点などについてお聞きしました。

ここ数年、マンション売却について考えていました

今回売却されたマンションは26年前に新築で購入されたもの。当初はご夫婦お2人でお住まいだったそうですが、途中からお義母さまと3人暮らしになったのだとか。「そのような中、一昨年妻が他界したことや、義母の老人ホームへの入所が現実的になってきたことなどが理由で、売却についてはここ数年ずっと考えていました」と明かしてくださいました。

過去に仲介での売却を経験。「今回は買取で・・・と決めていました」

もともとご両親は、同マンション内にある別の住戸にお住まいだったとのこと。「義父が亡くなったタイミングで、両親が住んでいた住戸を売却することになりました。何社かに査定を依頼して、比較的査定額が高いところにお願いしました。しかし途中で販売価格の見直しが入り、最終的には査定額から500万円ほど値引きした金額で売買契約を締結しました。できるだけ評価が上がるようにとリフォームも入れたので、想定よりも手元にお金が残りませんでしたね。
売却できたのでは3~4カ月経ってからでした。いつ・いくらで売れるのかと落ち着きませんでしたし、販売価格の参考となる最初の査定額は何だったんだろうという疑問も残りました。このように仲介では結構苦労したので、今回は買取で売却しようと決めていました」と、買取を選択した経緯を教えてくださいました。

数あるDMの中から、希望条件が合致した相鉄リナプスへお願いすることに

マンションのポストには、売却物件募集のDMが毎日のように入っていたのだそうです。「テレビCMをやっているような不動産会社からは頻繁に投函されていて、5~6社分保管していました。でも、相鉄リナプスは1回きり。都内在住なので、相鉄線にはなじみがなく、社名も初めて見るなという印象でしたね。でも、一度売却を経験しているせいか、大きな会社に頼むのが安心というよりは、希望条件を満たしてくれるかどうかというのが重要なんだと考えていました。特に相鉄リナプスの条件でひかれたのは、契約後も半年間は賃料不要で住み続けられるという点です。義母の老人ホームが決まっていなくて、住むところがなくなってしまうな・・・と困っていたので非常に助かりました。他社でも提示条件をのんでくれそうなところはありましたが、サービスとして確立していないので社内決裁がおりるまで時間がかかるようでした。それではあまり意味がないなとも思いました」。

どのようにリノベーションされるのか楽しみです

リノベーションして再販するという点もポイントだったとK様。「古くなったり壊れたりした部分をきれいにするのがリフォーム、建て替えまではせず、間取りの変更・最新設備への交換・生活動線の整備など、住みやすく変えるのがリノベーションと考えています。京都の大学に通っていたせいで、町家の良さを残した再生事業などは多く目にしてきました。古いものを壊さずに今の生活に合わせた状態に仕上げるリノベーションは、町家の再生と似たものがあると思います。ここにお願いすれば、26年間暮らしてきた愛着のあるマンションが、どんな風にリノベーションされて市場にでるのかを見届けることができます。とても興味がありますし、楽しみですね」と語ってくださいました。

担当営業マンのコメント

株式会社相鉄リナプス 営業部 日比谷本店 山内株式会社相鉄リナプス 営業部
日比谷本店 山内
仲介と買取の違いなどについても丁寧に説明させていただきます。売却時に安心していただけるよう、しっかりとお手伝いしていきます。よろしくお願いいたします。

インタビューを受けられるK様
「何社かのDMを見比べてみると、表紙に売主にメリットとなる条件をしっかりうたってるのが相鉄リナプスでした。担当の山内さんは、こちらのことを理解して対応してくださったので話しやすかったですね。買取の依頼をしてから売買契約までは10日ほど。スピーディーで手間が省けたのは本当によかったです。知人がマンションを売却することがあれば“満足できる売却を望むなら、売主の立場にたったサービスが充実している相鉄リナプス以外ないでしょ”って推薦するつもりです」とK様。